2012年03月08日

心をこめた愛の調べ

つらら.jpg

我が家のつららは、おそらく町内で一番立派だろうな。

つららは、根元が波打つようにデコボコしているやつ、根元が扁平なやつ、きれいな長円錐形なやつなんかがあるな。

どれもいい。

30センチ以上で、透明で、先がとがっていれば、

どれもいい。

子供の頃、ぼろい家のつららが立派なもんだから、そんな家のつららをとったもんだ。

ちゃんと根元から長い状態でとれるかが勝負だ。
ポキンととれた時の衝撃で、先っぽが折れてしまわないようにするのが勝負だ。
その微妙な力加減が大事なんだよ。

先っぽがちょっと折れてしまった・・・
だけど大丈夫だ。なめて針先のようにとがらすから。

シャブリつくした、僕のつららは刺さるぐらいにとがってるべ?

しゃぶって、とがったつららは、冬の太陽にかざして、とてもきれいだ。

ぼくらはそれを剣にして戦う。

つららの剣は、一発目に剣と剣が当たった瞬間に折れる。

丹精こめてシャブりつくしてとがらせたつららは、一瞬のうちに折れるのだ。

そんなこと知ってる。
知ってるけど、剣を交わす。

一瞬で折れるのに剣を交わす


僕らは3人横並びで、学校帰りにつららをなめていた。
大人は馬鹿だから、こんなことを言う。
「ばっちい、汚い、やめなさい」

馬鹿だな。
僕らはなめているから、しっているんだ。

つららはきれいだってことを。

なめてもいないくせして、頭で考えているからそうなる。
きっと、屋根にたまったチリが、つららの氷の中に閉じこめられているとおもっているんだろう。

こちとら、なめてるし、味わってるから、つららがどこまでも透明な氷だって知ってるって。

大人は頭で考える。


このつららは折れちゃったから捨てるけど、次はあのボロい家のつららをとろうよ。

つららはボロい家のつららが立派だ。
家の立派さと、つららの立派さは反比例するのが、北国の法則だ。

我が家のつららは町内一立派だ。


「心をこめた愛の調べ」


ソニーオーダーメードファクトリーが100%を達成した。
ソニー時代の五十嵐の5枚のアルバムがCDになることは、五十嵐ファン共通のたっての願いだったに違いない。ライブに行った時も、初期の5枚のアルバムのCDはないのか?という質問が出ていたし、ラジオでもそのような話になっていた。おそらく五十嵐本人も、あちこちで言われるもんだから、答え飽きているはずなんだけど、丁寧に受け答えしていたなぁ。五十嵐の曲をふと思い出す時、あー聞きたい!と思ってレコードを眺めても、プレーヤーがない!
プレーヤーは捨ててしまったよ。僕のようにレコードまで捨ててしまった人も一杯いると思う。

1万円するけれども、デビューから5枚のアルバムがいよいよCDになる。ベスト盤CDでこの5枚のアルバムからいろんな曲がCDになってはいるけれど、ノーザンシーンとナチュラルロードはCD選書として出てはいるけれど、CD選書を持っている人はすくないだろうし、昔の曲順で、あのレコード針を落として聞こえるあのワクワク感がよみがえるわけだ。
もし、まだ予約していない人は急いだ方がいいかもしれない。

そして、セーリングドリームの最後の曲、「心をこめた愛の調べ」だ。

こころをこめた.jpg



なんて、あからさまなタイトルなんだろう。中2病的なタイトルだ。

中2病というのは、中学2年の(特に男子)にありがちな言動で、思い出すと恥ずかしくなるようなそんなこと。
「なんだよ、言えよ、友達だろ」とかね、
「オレ、がんばるよ」とかね。女子なら、つまんないことで、泣いてしまうとかね。

まぁ「心をこめた愛の調べ」というタイトルは大人になってしまった今では「アリ」だ。青春時代は本当に良く聞いた。
オーダーメードファクトリーのCDBOXが届いたら、「心を込めた愛の調べ」を聞きたい!って人がきっと一杯いるとおもうんだよね。中2病だった時代を思い出しながら。

未だに中2病が抜けない僕だから、この曲は大好きだ。

前にも書いたけど「家路」→「初恋の街」→「心を込めた愛の調べ」の流れ。そしてそのトリがこの曲なのがいい。


五十嵐は小学校の頃、吃音(きつおん:どもりのこと)で、学校にいかないでぶらぶらしてたり、授業中に当てられるが嫌だったりと、暗い時期を過ごしたことが、ライブでも言ってたし、富沢一誠の「あいつのモンタージュ」にもかいてある。

今となっては、MCが話芸とも言えるほどの五十嵐なのだが、そんな五十嵐もどもりであったのだ。

普通の人は、「ああ、どもってたのね。子供の頃そんな子いたわよ」って感じで軽く聞くだろう。

だけど僕はそうじゃない。

僕の子供がどもりなのだ。


幸い元気に野球をやっていて、良い友達にも恵まれ、学校にも行っている。そしてだんだんと良くなってきている。だが、けっこうキツイ場面もたくさんあったろうと思う。どもりのことで、アダ名がついていたりする。本人にとっても、親にとっても切実なのだ。

そんな体験が五十嵐の感性を磨いたというのもあると思う。

これは本当に勝手な僕の思いこみなんだけど、この「心をこめた愛の調べ」はそんなどもりで孤独だった五十嵐にやさしくしてくれた女の子に向けて歌っているような気がしてならんのだ。この曲は五十嵐の作曲作詞である。

♪涙だけが友達だった 僕に夢をくれた 君にありがとう そのひとことを♪

そんな女の子を好きになり

♪君につらい日がもしもあったら 話にきてね 僕のところへ♪

自分のつらい日々をその彼女にいやしてもらったから、こんどは自分が彼女がつらい時に話をきいてあげたいと思ったんだとおもうなぁ。

この詩を書いたのは、もっとずっと後かもしれないけど、その頃を思い出して。

だから、♪君にありがとう そのひとことを♪だし、♪今、今・・・・♪となるんだと思う。

まぁ、勝手な思いこみ。

この曲のイントロ、アルペジオのギターと、エレキの切ない旋律。
そして、五十嵐の歌い方も心こもってる感じがとてもする。
♪うけとめてくれるよに そっと祈るよ♪の、祈るよ〜ってところがミディアム調(FM7)でつながっているのがいい。
はっきりした音ではなくて、それが切なくてイイ。

間奏のバイオリンソロ(豊田貴志)がいいね!

♪君といるだけで 空は青空♪
♪歩いてきてね ぼくの後から♪

この「歩いてきてね」の「ね」が鼻がつまったようになっていて、
♪あーるいてきぃーてぇで〜♪
と聞こえるのは、僕だけではないだろう。




心をこめた愛のしらべ
すべてを君にあげる

君に「ありがとう」その一言を

な、なんていい曲なんだぁーーーーー!



つらい体験も、つららの綺麗さも
頭で考えたものではないから、経験となって感性につながるのだとおもうんだなぁ。
posted by むし at 21:38| 北海道 ☔| Comment(13) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

スデニ55歳

今日はイガリンの誕生日だ。

3月4日・・・

とはいっても、嫁の誕生日でさえあやうい記念日音痴の僕がそんなこと覚えていたわけでもなく。

池田のKさんからの写メがきたのだ。

めっせーじ.jpg


ケーキまで・・・ 愛だな。


私からも、イガリンおめ!

ソニーオーダーメイドファクトリーが火を噴く勢いだ。

チラシ.jpg
現在イガリンの誕生日段階で98%。
ちなみに僕はまだ1個しか予約していない。
でも、時間の問題なので、1個でいいや。

今年はすばらしい年になりそうですね!
posted by むし at 06:43| 北海道 ☔| Comment(23) | イガwiki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。