2011年09月05日

ぼくは五十嵐浩晃が大好きだ,それは〜だから

igaburo.jpg
※五十嵐浩晃ALL OUTツアーパンフレットより

ぼくは、五十嵐浩晃のだだの1ファンだ。
ぼくより13歳も年上の五十嵐浩晃さんが大好きだ。
だけど、五十嵐浩晃さんのことをぼくは、五十嵐と呼ぶ。
いや、そう呼びたいだのだ。

なぜなら(Because w),それは五十嵐は自分のことをずっと五十嵐と呼んでいたから。

そういえば、僕が五十嵐ファンになったのは、小学校高学年の頃だった。
Because がスマッシュヒット(これまた微妙で大好きな表現だけど)したのは、
あれは僕が中2病にかかっていた中2の頃だ。

その頃だ。英語の授業で、[Because」を習うのは。
通常ならば、「なぜならば〜だから」と習うはずだ。

だけど、僕はこの訳が好きになれなかった。
それは、五十嵐のスマッシュヒットソング 「Because」において、
♪Don't cry out! Because それはキミが好きだから♪
という歌詞があったから。
僕は、Becauseの訳に関して、「なぜならば」ではなく「それは」
にこだわっていたし、結びも「だからです」ではなく「だから」
にこだわっていたのだ。

それはそれでなんともないことだけど。

1ファンだから、たいしたファンではない。
大阪にお住まいの、「たかやん」さんは俺の倍以上はファンだ。
それは、彼が2007年から、五十嵐の情報をブログで発信し続けているから。
僕の知らない五十嵐をいろいろ知っているし、
なにより、五十嵐の本拠地である北海道札幌から遠く離れた大阪で、
北海道で行われている五十嵐の最新コア情報を発信し続けてくれていたのだ。

まあ、たかやんのことは、これからも語ろうと思うんだけど、
なんせ、たかやんのことを知ったのは、ここ最近のことで、
同じ十勝に住む池田のKさんに教えてもらったという、
なんとも受動的な理由なんだ。

話をBecauseに戻すと、
そういえば、2010年の12月、帯広で行われた五十嵐のライブ
ミュージックスペース「梵」の出来事だ。

幸運にも、五十嵐ライブの後、五十嵐と、共演の国安修二さんのお二人が、
懇親会に出席してくれたんだ。
そのとき、BGMにこの「Because」が流れていた。
僕はそのとき、五十嵐の向かいの席の、4人ぐらい離れた席から、
ハスに五十嵐を見ていた。そのときの向かいは池田のKさんご夫妻。
実はそのとき、五十嵐とのツーショットを携帯で撮らせてもらった。
イガリンありがとう。
俺と五十嵐.jpg

Because が流れているとき、五十嵐は「これは名曲だよね!」
と語っていた。

実は五十嵐のBecauseには他にも思い出があるんだ。
あれは僕が中2か中3の頃。

五十嵐率いる野球チーム「フィフティータイフーンズ」
と松山千春率いる「スーパースターズ」
が札幌の円山球場で試合をしたのだけど、
それを見に行ったんだ。

そのとき、千春の曲(忘れてしまった)と五十嵐の「Because」
が何度も流れていた。

ちなみに、五十嵐の「ファイフティーンタイフーンズ」は千春のチームに負けたけど、
帽子からカーリーがはみ出した五十嵐のバッターボックスは残像として残っている。

Because という曲は、それまでの「想い出のサマーソング」までの
五十嵐とは一線を画す曲だと思っていて、
けっこう硬派な曲だ。サウンドがね。

その後、また本来の五十嵐的な曲に戻るんだけど、
このBecauseを掲げたアルバム「wing」は
五十嵐の中でも、特にノリの良い、五十嵐がかなり挑戦したアルバムだと思う。
ちなみに僕は「wing」が大好きなんだけど、それはまた書こうと思う。

9月22日に帯広で再びライブがある。
チケットを先日、会場となる帯広ホーリーズでゲットしたんだ。
igaP.jpg

これの模様は、現場用の野帳にメモっとこうと思う。
やった曲目とか、おもしろかったしゃべりとかね。

中途半端だけど、第1回目の記念イガブロでした。




sony オーダーメイドファクトリー
五十嵐浩晃の名曲1980-1985夢のCD化

アルバム「ノーザンシーン」から「そよ風の頃」までの5枚のアルバムのCDがファンの予約で実現できるかもしれない!
是非、みなさん、予約して、CD化を実現しましょう。
レコードでしか聞けなかった名曲の数々です。




posted by むし at 01:45| Comment(4) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むしさん、こんにちわ。
ブログ開設おめでとうございます。
そして、私のことも書いてくれて恐縮です。m(_ _)m

むしさんの五十嵐さん熱、伝わる1回目のブログ更新ですね。
実は私、どちらかと言うと本格的にはCBSソニー時代ではなく
アポロン時代からの五十嵐浩晃ファンなので、
CBSソニー時代の話を聞けると、何だか得した気分です。
なので円山球場の野球の話も始めて知りました。
また色々と教えてくださいね。

ファン交流のブログになること、期待しています。(^_^)v
Posted by たかやん at 2011年09月05日 06:32
たかやんさん、
早速のコメントありがとうございます。
僕はレコード会社ってあんまり意識したことなくて、いつからいつまでが、ソニーで、キングで、アポロンなのか分からないのですが、
たかやんさんの五十嵐カテの一番最初のブログで、
ディスティネーションを紹介していたので、ディスタンスかディスティネーションの頃がアポロンって感じですかね?アルバムジャケットの雰囲気で。

中学時代、僕は五十嵐ファンのN君とT君の3人で五十嵐と千春の野球の試合を見に行ったのです。
けっこう人来てましたよ。2千人はいたと思います。球場ですから、これだけ集まってもガラガラに見えてしまいますけどね。

やはり千春ファンの方が多かったですね。五十嵐チームは3塁側、千春チームが1塁側で、応援の数が違ったと思います。

正直、プレーの内容は覚えていないのです。千春がピッチャーだったような覚えがありますね。五十嵐も投げたけど早めに交代したような・・・これは曖昧な記憶です。

たかやんさんと同様に、ファンの交流サイトになることを目指してます。できれば、本人登場のサプライズも期待してるんですけど、それは厳しいでしょうね。

だけど、今月のライブで、もし話す機会がありましたら、たかやんさんと僕のブログのアドレスを、五十嵐に渡そうと考えているところですよ!

リンクありがとうございます!


Posted by むし at 2011年09月05日 11:25
むしさん「まだみんの日々」にコメントそしてリンク有り難うございます。実は昨日もコメント書いたのですが、消えてしまって、がっくりきて、たかやんさんにツイッターで愚痴つぶやいてしまいました。私は、愛は風まかせからのファンですが、ペガサスのヒットで女子中高生の熱狂ぶりにちょっと引いてしまい、途中からレコード買うだけのファンになってました。いろんな人のファンになったけれどブランクはありますが、31年間聞き続けているのは五十嵐さんだけなので、これからも、ファンとして応援していきたいです。

こちらこそ、これからも、よろしくお願いします。
Posted by まだみん at 2011年09月07日 00:02
まだみんさん、はじめまして!
すみません、ご了解も得られないまま、勝手にリンク貼ってしまいました。今後ともよろしくお願いします。
まだみんさんはデビュー当時からのファンなんですね。僕は北海道ではありますが「愛は風まかせ」の頃は知らないんです。多くの人と同じく、ザ・ベストテンで「ペガサスの朝」が流れるようになってからですね。
>女子中高生の熱気に引く
そんなにスゴかったのですか!!でもそうでしょうね。あの頃は。
僕がはじめて行ったコンサートは「そよ風の頃」の時でしたから、熱狂のほとぼりが冷めた頃だったので、それほどスゴいという感じではありませんでした。
中学時代だったのですが、回りはOLのような大人な女性ファンが9割ぐらいだったよーな記憶があります。
ブランクがあるということですが、僕もブランク長いですよ。札幌を離れて、長野でしばらく暮らしてましたから。そのころはインターネットもなく、CDの切り替え時期でもありましたので、レコード屋に行っても、五十嵐のインデックスはなく、「あいうえお」順の「い」でredsky at night なんかを買った覚えがありますね。そのうち、レコードやCDだけがたよりだったので、そのうちブランクに突入してしまいました。
僕の行けるライブについては、レポートしますので、北海道までこれない分、見てくださいね!

よろしくお願いします!
Posted by むし at 2011年09月07日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。