2011年09月13日

冬子の朝

ギター弾き語り五十嵐宏明のアルバム国際楽譜出版社.jpg
※国際楽譜出版社「ギター弾き語り五十嵐浩晃のアルバム」より

「冬子の朝」は、ファーストアルバム「ノーザンシーン」のB面3曲目に入っている曲だ。
シングル「ペガサスの朝」のB面を飾る曲でもある。当時シングルで¥600-700円、LPアルバムとなると¥2500-2800円もするのだから、金のない中学生の僕は、シングルとアルバムの両方にある曲は、当然アルバムだけでシングルは買わなかった。考えてみれば、その方針は今も変わっていなく、シングルを買うことはないし、単曲のダウンロードもしない。

世間に流れるシングルカットの曲は、そのミュージシャンを好きになり、アルバムを買うキッカケにすぎないともおもうんだよね。だから、僕はシングルはあまり買わない。買ったといえば、ザ・ぼんちの「恋のぼんちシート」、クリキンの「大都会」、チャゲアスの「万里の海江田」他、20枚もないのでないかなぁ。

だけど、五十嵐の「ガールフレンド」、「オレンジの世界地図」はシングルレコードで買ったよ。しかたなくね。だって、アルバムが出ないんだもの。

まぁ、それはいいとして。きっと冬子の朝は、ペガサスと「朝・朝」でキメたかったんだとおもうんだよなぁ〜。半分ギャグで。そんな遊びの発想が五十嵐の事務所にかつてあったようなエピソードがある。三角山放送の時、五十嵐の当時の事務所の社長が、元スパイダースの井上尭之さんで、「ミルクレディ」が頼まれてもいないホクレン(北海道の農協の元締めみたいな会社)の牛乳キャンペーンCMソングをねらって出した、みたいなことを言っていたのだ。

当時北海道では、「ミルクランド北海道キャンペーン」みたいなことをしていて、盛んに「牛乳をもっと飲もう!」みたいなCMを流していたのだ。それに乗っかって、CMゲットみたいなところをねらったんだろう。きっと、半分ギャグみたいなノリだったのだろうと予測しているんだが、採用されなかったのだから、また笑い話になるんだよね。

それに、その五十嵐の事務所のメンバーには、世良公則がいたもんだから、井上尭之は、「世良が夏子なら、五十嵐は冬子だ!」みたいな、これまたそんなノリで、原曲のタイトルを強引に「冬子」にしたんじゃないかと、勝手に想像しているわけだ。

でも、僕は売れに売れた「ペガサスの朝」のB面が「冬子の朝」であったのは正解だと思っているんだ。「冬子の朝」はイイ曲だからだ。みんなは当然A面目的でシングルを買うわけだけど、B面を聞いてるうちに、B面の曲の方が好きになってしまうことって多いんじゃないかな。

僕もそうだった。A面の「恋のぼんちシート」はあっという間に笑えなくなったけど、B面の「オーバーチェア海」はこみ上げる笑いがあったんだ。クリキンの大都会だって、B面の「時流」の方が好きだった。あのねのねの「みかんのこころぼし」だってB面の「ありのままにいきたかったアリ」の方が面白かった。

だから、「ペガサスの朝」をそれ目的でかったものの、B面の「冬子の朝」に感動し、五十嵐ファンになった人だって、少なからずいると想像しているんだ。

♪まぶしぃ朝の〜光あびてキミは♪この聞き取れるかどうかの静かな小さい音で始まるこの曲は、サビの♪あなたぁ〜忘れない〜♪のボリュームアップで、鳥肌がたつのだ。「あなたを忘れない」でなく、「あなた忘れない」これが印象的で素敵だ。この歌詞は五十嵐浩晃&大杉実。

彼女と向かえた朝、寝起きの彼女の素朴な美しさと、そんな忘れ得ぬ彼女は今はいないという哀愁を歌った曲だが、「ふせめがちに幸せそうによそおってる」ってところで、彼女の暗い影が見え隠れするのだ。

僕はこの曲は初めて買った五十嵐のレコード「ノーザンシーン」で聞いた。このLPを買ったのは、とにかく「ディープパープル」が聞きたかったからなのだが、何度も全曲を聴いているうちに、「冬子の朝」にやられてしまった。

「あなたぁ〜忘れない〜」というところで、五十嵐の声が突然野太くなるのだが、この野太く変わる瞬間が五十嵐ボーカルのなんとも言えない魅力と感じるんだなぁ。

これは今後のブログで詳しく書くが、僕がはじめて行った五十嵐のライブ「ALL out ツアー」アルバム「そよ風の頃」をひき下げた全国ツアーだが、中学生だった僕達は、開場前の若いお姉さんたち一杯の行列の中で、おねえさん達が話しているのを耳にした。

「私は冬子の朝を聞ければ今日はいいの」

ぼくらの近くにいたお姉さんは彼女の友達にそう言っていたのだ。そのとき僕は「冬子の朝、いいですよねぇ〜」と話しかけたかったけど、中学生がOLのおねえさんにそんなこと話しかけられるはずがない。「なにぃ〜?この子、ゲロゲロ」と言われてしまうのがオチだ。

そういえば、去年の帯広ライブ「梵」で、五十嵐が国安修二さんと一緒に演奏した後で、聴衆に「何かリクエストありますか?」って聞いたんだ。
僕はすかさず「冬子の朝!」ってリクエストしたんだけど、五十嵐は「国安さんと一緒なので、僕の曲じゃない曲で」といったんだよなぁ。

その後、五十嵐と話す機会があって、「冬子の朝、リクエストしてくれて、ありがとう」とお礼をいわれたさ。そんなやさしい心配りに、僕は一票いれたい。

五十嵐事務所社長だった、ミルクレディでズッコケた井上尭之さんについても、いろいろ書きたいこともあるけど、それもまた今度にしとく。


上士幌コンサートをレポしてくれた池田で酪農をしているKさんが、この春メールをくれた。
「子牛が生まれました。名前はミルクレディです」


五十嵐のアルバム「ノーザンシーン」から「そよ風の頃」までの5枚のアルバムのCD化を実現させましょう!「冬子の朝」を含む名曲の数々・・・、レコードでしか聞けない曲も多数。レッツ予約!あと50%で実現!
posted by むし at 21:51| 北海道 🌁| Comment(6) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子牛の名前がミルクレディ♪

素敵ですね♪

長年疑問だった大杉実さんのことはわかるし、むしさんすご〜い!!!

たかやんさんにも言ったけど、五十嵐論で1冊本が出せそうですね。

今、私の車のカーステレオはノーザン・シーンがエンドレスでかかってます、最初に買った五十嵐さんのアルバムですから、思い入れも強いです。

「冬子の朝」何度も何度も聞くうちに好きになったのは私もいっしょです〜♪

「ガールフレンド」もシングルで出た時はあまりハマらなかったのに最近ヘビーローテーションでききました。


「世良が夏子なら、五十嵐は冬子だ!」この着眼点おもしろいです〜♪むしさんのブログほんとにおもしろいです!!!!

ずっと続けてほしいので、飛ばしすぎないでくださいね。
Posted by まだみん at 2011年09月13日 23:21
ミルクレディ。乳量の多い健康な牛になってくれるといいですね。五十嵐の曲名なんて、愛着がさらに湧きそうです。

大杉さんのことは、MAYさんのおかげです。MAYさんも曖昧な記憶と言ってますが、僕はそれが正しいような気がしますね。

でも、僕の記事なんて、ほとんど自分勝手に想像しているような内容ばかりですし、五十嵐の曲とかから、自分の思い出などを書いてるだけですよ。でも、オモシロイと言ってくれるのは、本当に嬉しいですねぇ〜。ありがとうございます。

あんまり校正しないから、けっこう文章メチャクチャだったりするんですけど、しっかり校正して、ビシっと決めると結構労力つかって、飽きっぽい僕はすぐにやめちゃいそうなので、つれづれなるままに間違いも気にせず書いているわけです。

本になるなんて、嬉しいお言葉。ありがとうございます。イガちゃんファンがたくさんいたら、100部ぐらいは売れるかもねw

僕もまた最近ノーザンシーンをよく聞いてるんです。やはりイガイガの曲は、何度も聞いているうちに、どんどん良くなってくるのがイイところですよね。

他のミュージシャンの曲の中では、その逆で、どんどん飽きてくるアルバムもありますし。イガりんの曲はそういうところも素敵です。

ガールフレンド、最初はあの泣きそうな歌い始めで、最初の頃好きになれなかったのですが、今はさほど気になりませんね。「デジャヴU」も泣きそうな感じで声が震えますけど、好きな曲です。

なんか、五十嵐の当初所属していた事務所って、スゴイミュージシャンや裏方が多かったとおもうんですよ。だから、けっこうイケイケで、ふざけてるのか、マジメなのかわからない、良いムードだったとおもうんですよね。夏子に冬子って、意外にそんな軽い発想でヒットが生まれたりするような気がします。まぁ、あくまで僕の想像ですけど。

そうそう。飛ばしすぎないよう、書きたいときに、つれづれに、長くできればいいですね。とても励みになるコメントありがとうございます!!!!

Posted by むし at 2011年09月14日 22:39
五十嵐さんのファン仲間にこのブログをお知らせしておきました。
書き込みしてくれるかどうかはわかりませんが、見に来てくれる人がいるかも〜。

楽しみにしていますので、ご自分のペースで続けてくださいね。
Posted by MAY at 2011年09月16日 17:59
MAYさんへ

五十嵐ファンのみなさんとつないで頂いて、ありがとうございます!他にもあるのかなぁ。
2005年くらいで止まってますが、ファンサイトみたいなものもあったんですよね。2chにも他のミュージシャンといっしょではありますが、スレッドありましたし。

コアなファンから、昔きいてちょっと気になってるようなファンまで、いろんな方々がこればいいですよね。

仕事が忙しくなると、更新はストップしてしまうのですが(今がそう)、書きたいことは、まだまだあるんで、マイペースでつづけますね。

是非とも、こんごとも読んでくださいねぇ!
Posted by むし at 2011年09月17日 11:15
むしさん
お邪魔します。
ホーリーです。

こちらへの書き込みは初めてになります。

いよいよ今週になりました五十嵐さんライブ
打ち合わせも粗終わり、後は当日を待つのみ。

暖かい雰囲気のライブになること請け合いです。

ライブ終了後、こちらのブログの記事も楽しみです。

当日は思いっきりお楽しみ下さい。
Posted by ホーリー at 2011年09月18日 11:39
ホーリー様

コメントありがとうございます!五十嵐ライブの主催者からコメントいただけるなんて、まだブログも日が浅いというのに、感謝感謝です。

イサトさんの時はご苦労様でした。ギターがなきまくったいいライブでした!席がスピーカーの真ん前でちょっと不安でしたが、音響も良かったです。

22日の当日が楽しみですね。今から待ち遠しいです。
家が近いので、自転車で五十嵐に会いに行きます。
自転車で五十嵐ライブに行けるなんて、本当に幸せです。いいミュージシャンをいっぱい呼んで頂いて本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by むし at 2011年09月19日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。