2011年10月26日

第7位 第6位 むしベストテン

なんだか、ベストテンに入る前に、こうやってダラダラ近況を書くのって、フジテレビの朝のトクだねの、小倉さんのオープニングトークみたいでイヤだなぁ。

でも、なんか書かないと、スムーズにベストテンに入れない・・・。

そういえば、五十嵐は北海道のテレビに出たりするんだよね。突然。
前は、北海道の深夜番組「ちっぷインBoggey」に出ていたところを偶然見て、びっくらこいたんだよね。その1年ぐらい前にも出ていたようで、ブログで取り上げている人もいる

ゴルフのことはそんなに知らないけど、五十嵐は80でまわる(平均か自己ベストかはわからない)らしく、そうとうの腕前みたい。72でパーで、100を切るとそうとう上手いと言われるから、すごいのではないかなぁ。

五十嵐のショットはそれほどカッコイイとは思わなかったけど、まぁプロゴルファーばかり見ているからそう感じるんだとおもうんだけど。

将棋とゴルフはセミプロ級って感じなんではないかなぁ。帯広ライブの時、ライブ会場の隣が、ゴルフシミュレーションのお店だったんだけど、ライブ会場に来るとき、そこから五十嵐が出てくるのを見たんだよね。きっと、ライブ前、そこでリラックスしてたんだと思う。

その「ちっぷインBoggeyという深夜2時頃やってる番組に出てたよ!」って、池田のKさんに次の日にメールしたら、「なんで、その時にメールくれないのよ!」って感じで返信が帰ってきた。だって、深夜の2時に人妻にメールできるわけないじゃん!って思ったんだけど、池田のKさんは搾乳で朝が早いのにもかかわらず、とても寝るのが遅いのです。

そういえば、池田のKさんからの1週間ぐらい前、「むしベストテンは、意外すぎて、読者の困った顔が目に浮かぶ」というメールをもらったw
そういえば、みなさんからのコメントで「意外」という言葉が随所に出てきて、五十嵐の曲を聞き込んでいるみなさんは、なんてセンスのない野郎なんだ!って思ってるかもしれないけど、こればかりはしょうがない。

というか、僕が若いころに一番五十嵐の音楽に感動していたのだから、大人っぽい曲はやっぱり少な目になってしまうのです。でも、みなさんからのコメントの中に、好きな曲を書いてもらったりしてるから、僕は五十嵐ファンのベストテンってだいたい分かるような気がする。その予想みたいなものもベスト1の発表の時に書こう。

ほらね、オープニングトークを書いているうちに長くなっちゃうでしょ(五十嵐のマネ)。

それでは気を取り直して、むしベストテン 第7位!

得点7?.jpg
パタパタ・・・・・・





得点7(つばさ).jpg

第7位 つばさ


つづいて、第6位!

得点6?.jpg
パタパタ・・・・・・










得点6(ブリ).jpg

第6位 ブリージーナイト


つばさ.jpg

「つばさ」は、五十嵐の4thアルバム「wing」のB面2曲目の曲だ。
僕はこの前奏のエレキギターとコーラスで、胸が高鳴る。♪テレレーーーん テレレレーーーン テレレーーーン あぁーーー テレ  あぁーあーあーあーあー  チャチャチャチャン チャチャチャチャン ポコポン♪
なんだか、口三味線を文字にすると、マヌケだけど、この前奏でわぁーーと胸が開放されるような気がしないかい?

僕にとっては五十嵐の元気ソングのナンバー1なんだよね(柏原芳恵のナンバー1には負けるかもw)。体中がうたってるんだよね、自由に羽ばたけと。指先からエネルギーが胸の当たりまできて、そこから、発射するようなイメージ。

帯広ライブの時の五十嵐の苦労話で、ペガサスの翼を背中に装着して歌うという、ギャグをヤラされたというのがあるんだけど、♪ぼくのそうさ背中そこに白く甦る翼♪って歌詞があるから、最近この曲を歌ってくれないんだろうか。

この曲の作詞は山上路夫となっている。しらべて初めて知ったんだけど、このお方は大御所だ。
赤い鳥「つばさをください」、野口五郎「私鉄沿線」、アグネスチャン「ひなげしの花」、梓みちよ「二人でお酒を」、ゴダイゴ「ガンダーラ」、山本コータロウとウィークエンド「岬めぐり」、西城ひでき「ハウスバーモンドカレーだよ」・・・・すべて山上路夫の作詞である。

高校時代の部活(バスケット)がキツくて、キツくて、たまんなかったのね。
僕は高校からバスケをはじめたから、特にキツかった。最初の30分のアップの時点で、苦しくてしょうがないんだもの。僕はそのとき心の中で、つばさを繰り返しうたってたんだよなぁ。
♪自由にはばたけと 体中が歌うよ つばさ♪

自由にはばたいてますか?

自由ってのは、自分が思い描いて、それを行動するんだよね。それが自由。
思い描いたことを、回りの目や自分のアキラメや自分の怠惰さから行動しないなんて、それは自分でつばさを折ってるのと同じだ。


ブリージー.jpg

ブリージーナイトは、五十嵐の2ndアルバム「ナチュラルロード」B面の1曲目である。これについては、本ブログの「ブリージー」というエントリーでも書いているので、あまり多くは語らないけど、五十嵐のライブでは定番の曲で、僕の行ったライブではすべてこの曲を歌っていた。

なぎさんとMAYからのコメントで、この曲の原曲が、
♪今夜はブリージナイト 夜が明けるまで♪
→♪ルンビニスタジアム キックボクシングしに行こうよ♪
となっていたことを知る。

ルンビニって何だ?って思って面白かったんだけど、MAYさんにタイのムエタイ競技場、ルンビニスタジアムであることを教えてもらった。

ブリージーとは、「そよ風の吹く」だから、ブリージーナイトは「そよ風のふく夜」というような感じだと思う。五十嵐のアマチュア時代のバンド名がブリージー。そして、僕は五十嵐の音楽のジャンルがブリージー(そよ風のような楽曲)だとも思うわけだ。

五十嵐は当初、ボサノバでこの曲を弾いていたという記憶があるんだけど、9月の帯広ライブでは、ストロークでジャヤカジャカやっていた。これがとってもかっこよくて、僕はロックなイメージで演奏する方が好きだ。

10.15の浜松「ミュータウン ミュージックシャワーライブ」のMAYさんのレポートでも、ブリージーナイトが披露されたことが書かれている。五十嵐の名刺代わりの唄が「ペガサス」や「ディプパ」だとしたら、「ブリージーナイト」は五十嵐のテーマソングなのではないだろうか。

この曲の良い意味での「軽さ」が、なんとも楽しげで好きだ。帯広ライブでは、「夏の唄」として位置づけていた。秋の唄「インディアンサマー」の後だったから。

みなさんも、赤いムームーを着て、ハイヒールを手に持って、裸足で、波打ち際で「波打ちぎわ遊び」(波が引いたら近づいて、波が迫ってきたら逃げるやつ)をやってみたら、どうだろうか。

この原始的な遊びは、ことのほか面白く、子供と海に行くと、子供がこの「波打ち際遊び」をして、キャッキャ言い出すもんだから、一緒にやると、やっぱりオモシロイ。でも、女性とこの遊びをしたことはない。カミさんとやってみるか(笑)!

ブリージーナイトを歌いながら。波打ち際遊び。

posted by むし at 01:01| 北海道 ☔| Comment(14) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のブログ更新してパソコン閉じるまえにむしさんのイガブロ見たら更新されてて昨日も夜更かしです。
五十嵐さんのゴルフ姿北海道の人は見れるんですね〜♪いいな〜♪ちょっと見てみたいです。池田のKさんの気持ちわかります、私が北海道在住なら即メール欲しいですもの。

「むしベストテン」たかやんやむしさんのWING好きは何となくわかってましたが、そうきましたか、「つばさ」ですか、確かに中高生の時聞いたらはまるかな〜と思います、その辺世代間ギャップがあるのか、好みの問題かわかりませんがおもしろいです。

ベストアルバムに入ってないので今聞けない、OMFに期待してレコードの変換機買わずに待ってるのに予約率が伸びない!!早く発売になってほしいです。

「ブリージーナイト」が五十嵐のテーマソング説「うんうん、そうかもね」とイガブロ読んでたら思います。
むしさんのように分析して考えたことなかったのでとってもおもしろく読ませてもらってます。




Posted by まだみん at 2011年10月26日 17:00
 一気に、7位と6位の発表ですね。高校時代、アルバムの「WING」の意味がわからなく、辞書を引いたら、「つばさ」という意味。そして、アルバムの中に、「つばさ」という曲もあり、なるほどと感じたことを覚えています。五十嵐が、曲の初め「そらに向かいながら」の箇所を少し強い口調で歌っているのが印象的でした。
 また、6位の「ブリージーナイト」は、自分もいい曲だなあと思います。「二人だけのクリスマス」という曲に似ていると感じるのは、自分だけでしょうか。 話は変わりますが、自分は、26才で結婚したのですが、新郎新婦の入場曲で、五十嵐の「プロポーズ」を使いました。やっぱ、自分にとってのNO1の曲は、「プロポーズ」です。そういえば、自分が実際にプロポーズをする1時間前、勇気を出すために聞いた曲も「プロポーズ」でした。もうあの時から、15年以上も経つのに、良い思い出として残っています。
Posted by まっちゃん at 2011年10月26日 21:11
まだみんさんへ

五十嵐のゴルフ、池田のKさんがビデオ録画してくれていましたので、写真だけ次ぎのブログでアップしますねぇ〜!池田のKさんから、まだみんさんのコメント見て、まだみんさんと一緒の気持ちだったぁー!っという喜びのメールが来ましたよ(笑)

たかやんもwing 聴いてるってブログに書いてありましたよね!僕もwingのエントリーでも書いたのですが、これは聞き飽きないすべて好きな曲っていうアルバムですね。ベストテンにはあと何曲はいるかなぁ?お楽しみに!

ブリージーナイトって、五十嵐がとても気に入っている曲だと思うんですよね。ヒット曲と一緒に必ずいれてきますしね。アマチュア時代、幕が上がるとともにブリージーナイトで登場する姿なんかを想像しているんですよね。

wingだけは知り合いに頼んで、レコードからCDにしてもらったんですけど、古いレコードですからけっこう雑音が入ってるんですよね。OMFでマスターテープから直接いい音で録音されたCDを聴きたいですね!
Posted by むし at 2011年10月27日 14:30
まっちゃんさんへ

「つばさ」はアルバムwingのタイトルテーマソングですよね。ノーザンシーン→愛は風まかせ、ナチュラルロード→ナチュラルロード、セーリングドリーム→想い出のサマーソング・・・といったように、それぞれのアルバムには、メインのテーマソングがあって、wingならタイトルどおりこの「つばさ」だと思います。「つばさ」に象徴されるように、wingは突き抜けた爽やかさや元気さがあるような気がします。

「二人だけのX’mas」と似てるかなぁ〜(笑)?なんかピョンピョン跳ねるようなノリが似てますね。

まっちゃんさんにとって、「プロポーズ」は好きな曲というより、人生の中での大切な一曲という感じなのでしょうね。「プロポーズ」たしかに洗練されたイイ曲だと思います。僕はサビの部分より、Aメロ、Bメロがホント五十嵐らしくて、爽やかで好きですね。
五十嵐の結婚とこの「プロポーズ」という曲の関係はちょっとわからないですが、まっちゃんさんの背中を押してくれた意義深い一曲ですね。五十嵐も大喜びではないでしょうか!
Posted by むし at 2011年10月27日 14:37
一気に2曲きましたね!
私も「つばさ」好きです。落ち込んだ時とかにアゲるのに最適です〜。当時マネージャーさんや私たちのなかで「NHKのみんなのうた」にして欲しい!という話があって、NHKに電話しましたが「全てこちらからお願いして作ってもらっているので、既存の曲は無理です!」と速攻でキッパリと断られました〜。

「ブリージーナイト」はブリージーのテーマソングみたいな感じだったと聞いたことがありますから、きっとその頃からずっと五十嵐さんのなかでは重要な位置づけの曲なんでしょうね、きっと。「ライブの原点」というと言いすぎかも知れませんが。

まっちゃんさんは結婚式の時に「プロポーズ」で入場したのですね。
私の時は「プロポーズ」どこで使ったかなあ?記憶が…。ケーキカットだったっかなあ?とにかく入場時の「結婚行進曲(超定番ですね)」とお色直しの新郎の退場の時に主人が選んだ曲を流した以外は、全部五十嵐さんの曲にしました(ちょっと自慢!)。
式場にCDありったけ持ち込んで、ここではこの曲…とお願いしました。ちなみにお色直しの私の退場時には「夢泥棒」を流してもらいましたよ。
Posted by MAY at 2011年10月27日 18:18
自分のコメントに訂正です〜「つばさ」~GOLDEN J-POP / THE BEST に入ってました。私がこのCDを紛失中でした。家の中のどこかにあるはずですが最近聞けてませんでした〜ウソ書いてすみません。
Posted by まだみん at 2011年10月29日 00:04
MAYさんへ

お返事遅れましてごめんなさい。
ずっと現場事務所に泊まり込みしてたもので、お返事できませんでした。すみません!

たしかに、「つばさ」はNHK「みんなのうた」にピッタリの元気ソングですよね。良いところ目つけるなぁ〜って感心しました。「みんなのうた」ってNHK側からの依頼で作るんですねぇ。考えてみれば、そうでないとあれだけの番組と頻度ですから、不公平というか、売り込みや金でNHKが流すわけないですよね。そこにもまた感心してしまいました。

やっぱりブリージーのテーマソングみたいな位置づけでしたか。原点。僕もそう思います。五十嵐は今も、ブリージーナイトを歌う時は、回りにブリージーのメンバーがいるようなことを想像して、歌っているのかもしれませんね。ブリージーを未だに大事にしているのだと、勝ってに思っています。

結婚式で五十嵐を使うなんて、いいですね。プロポーズがケーキ入党・・・って忘れちゃダメでしょ!「おにぎりの唄」の歌詞は覚えているくせに(笑)。
「夢泥棒」もなんか想像するとピッタリですね。「今日かぎり」じゃ縁起でもないし(笑)。「ブリージーナイト」なんかもいいんじゃないですか!?「星に願いを」とか。入場時は「LOVE YOU」とかね。

あぁーなんか楽しくなってきた!
Posted by むし at 2011年11月01日 01:56
まだみんさんへ

へぇ〜、「つばさ」CDで音源あるんですねぇ。初めて知りました。あんまりベスト版もってないから、しりませんでしたよ!ご丁寧に訂正、ありがとうございます。

それから、池田のKさんが、五十嵐がよく行くという札幌の喫茶店のマスターに、秋田1号のこと聞いてくれました。その後マスターが五十嵐に確認したそうです。

やっぱりアレは「秋田1号」で、今でも大事に持っているとのコトでした!
Posted by むし at 2011年11月01日 02:00
むしさん、こんばんわ。

池田のKさん♪北海道在住の方の機動力に感謝です。
「秋田1号」大切に持たれてたんですね。

「つばさ」聞けないと書きましたが、レコードをカセットに録音したものが1本だけありセイリングドリームだけだと思ってたらB面にWING録音してた事に気づきまして、今日は1日中聞いてました。

それで思ったんですが、五十嵐さんの曲どれも好きでむしさんのようにベストテンを選べない私ですが昔も今も苦手な曲があるんです。
それは「ひと夏のマリエ」です。
曲は大好きなんですが歌詞がなじめなくて、あの歌詞を五十嵐さんが歌ってるのを聞くとなんか恥ずかしくてだめなんです。

むしさんは苦手な曲ありますか?

Posted by まだみん at 2011年11月02日 00:21
まだみんさんへ

また出張に出てまして、お返事が遅れてしまい、すみません〜!
秋田1号(なんか、なじまないなぁ。2号の方がゴロがいいと思う)、五十嵐も大事に持っているということで、なんか嬉しいですね。池田のKさんの行動力というか、五十嵐愛には、ホント敬服してしまいます。

wing聞けて良かったですね!wingは仕事始めというか、重い腰を上げるタイミングで聞くといいですよ!あと、家事の時もリズムに乗っていいんじゃないですかね。掃除とか、洗い物とかね。

苦手な曲ですかぁ。中学生の頃、「ミルクレディ」は気恥ずかしかったですね。エロくて。いきなり「脱いだら?」ですから。まぁ、これは「心の扉を開けておくれよ」って意味の唄ですけど、中学生にはなんとも気恥ずかしい感じですね。ジュリーのストリッパーみたいな唄ですね。

「ひと夏のマリエ」・・・これは「筆おろしソング」ですね(笑)。かなりボカして詩にしているので、僕はエロくかんじませんが、男と女では感じ方が違うのでしょうね。「感じ方」といっても、エロい意味ではないですよ(わかってるって?)。爽やかが売りの五十嵐が、こんな詩歌わないで!って感じの純粋なファンの叫びですね。まだみんさんの感じ方は。

「お嬢さんおてやわらかに」も、当時少し抵抗がありましたね。軽い曲調は大好きなんですけど、「引き立て役のソバカス少年」って、「俺のことだぁー」って思ってましたから。
Posted by むし at 2011年11月05日 00:40
むしさん、お忙しいのに返事ありがとうございます〜♪

「ミルクレディ」がエロい!!ビックリですがなるほど男子中学生にはそう感じられたんですね!

10代20代の頃そんなに好きじゃなかった曲も今は好きだったりするんですが「ひと夏のマリエ」だけはいつまでたってもダメでなんと表現したらいいかわからなかったけど、むしさんがズバリ言ってくれました!
そう!そうなんです!この歌詞は五十嵐さんに歌ってほしくなかったんです!

スッキリしました〜

「お嬢さんおてやわらかに」もなんかわかります、私も昔はちょっと苦手でしたがいまは好きです。
Posted by まだみん at 2011年11月05日 02:33
まだみんさんへ

こちらこそ、お忙しい中コメントありがとうございます!

五十嵐は異様なほど爽やかでしたからねぇ〜!今はさほど爽やかではないですが、オジサンの中では爽やかな部類だと思います。

「マリエ」も「お嬢さん」も色っぽい大人の女性に、ウブな五十嵐がノボせるっていう感じですよね。まぁ、エロさもそうなんですが、女性ファンには「嫉妬」もあるかもしれませんね。

「お前を抱きたいぜ!」みたいな詩をアイドルが歌ったとしたら、同年代のファンや年下のファンは、その言葉は自分に対して言われていると感情移入ができて、アイドルとの恋愛を連想できるのですが、

「おねぇタマぼく抱いてください!」みたいな詩では、年下や同年代では、明かにカヤの外になってしまいますからねぇ。しかもエロい感じがしてしまうと、「不潔!」って思ってしまうかもしれません。

五十嵐より年上のファンにマリエの感想を聞いてみたいですね。
Posted by むし at 2011年11月05日 07:03
むしさん年末モードで忙しいのかな?

私も片付けで忙しいですがヤフオクに25周年CDBOX出てますよ、アマゾンにもちょっと安い?のが出ましたよ。

むしさんお持ちでないと思ったので余計なお世話コメントです。

昨日はちょっとだけですが五十嵐さんの声ラジオで聞けました。

むしベストテン続き楽しみにしてますね。

あっ催促してるんじゃないですよ、お暇な時まで待つのも楽しみ♪
Posted by まだみん at 2011年12月02日 17:02
まだみんさんへ

>あっ催促してるんじゃないですよ、お暇な時まで待つのも楽しみ♪

まだみんさんの「やさしさ」を感じるコメントです。
ありがとうございます。

ごめんなさい。ヤフオクやアマゾンで出ていても、今はいろいろ買うかどうか悩む感じではないのです。

だけど、ありがとう。

こんな自分を見捨てないで居てくれてるだけで、うれしいです。

まだみんさんのブログもへのコメントもしたいんですけど、もちろん物理的な時間もあるんですけど、心の余裕がちょっとないんですよね。すみません。

まだみんさんのブログの太ってる五十嵐・・・・あれね、実はボクの下敷きに挟んだ写真なんですよね(爆笑)。

今見ると、太りすぎって感じですけど、あのころは普通に受け入れてました。

しっかし、五十嵐の写真、もっといいカメラマン使えよ!ってほえたくなりますよね。
Posted by むし at 2011年12月11日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。