2011年12月11日

第5位 むしベストテン

「デスマーチ」という言葉がある。
僕はこの言葉を最近知った。
この言葉の意味は、「死への行進」。つまりは、できそうにないようなタイトなスケジュールで締切(ぼくらは工期と呼ぶ)までに、仕事を仕上げることなのだ。

「デスマーチ」という言葉は、主にソフト開発のプログラマー間で使われている言葉らしい。この言葉を初めて知ったわけだが、それはぼくら建設コンサルタント業界も同じなのである。でも僕が想像するに、プログラマー、アニメーター、漫画アシスタントみたいな業界よりも厳しいものではないとはおもうんだけど、似たようなものなのだ。

僕の回りの建設コンサルタントの仲間では、「デスマーチ」のことを「屍る(しかばねる)」と言う。まさにデスマーチを行進している人、つまり締切に追われて、死んだような人のことを「屍」といい、その状態を「屍ってる(しかばねってる)」と言う。

はい。屍ってました。

せっかく、みなさんがいろいろコメントくれたりして、このイガブロも盛り上がってきて、本当に嬉しかったんだけど、デスマーチになってしまって、屍って、本当に苦しかった。
でも、これは自分の仕事の計画が甘く、全部自分のせいなのだ。別に、無理難題をクライアントから押しつけられたわけではない。だから、プログラマーやSEのみなさんのデスマーチとはちょっと違う。身から出たサビのデスマーチ。

デスマーチに陥った屍君は、死んだような目をして、ただひたすらパソコンとにらめっこだ。すべての余裕はなくなる。寝ることさえも。たとえば、こうやってブログを見たり書いたりする余裕もない。

本当は時間はあるんだよね。だけど、それをする心のゆとりがゼロになる。この世の地獄を味わう。

だけど、できたとすれば、それは天国にも昇る気持ちになる。世の中がバラ色だ。

今の僕は、まだバラ色とまでは行かないけど、一番苦しいところを突破した状態。イガブロを見ていてくれるみなさん、すみません。こんな感じなんです。考えてみれば、イガブロは11月は1回も更新していない。なんともムラがある更新で、見ている人には、いい加減見捨てられてもおかしくないブログである。

その辺はたかやんのスゴさが分かる。やはり毎日更新するというのはスゴイことなのだ。


屍のように仕事をしたって、効率がいいわけない。それは分かってる。分かってるんだ。

でも、デスマーチを行進する屍君にも、いいことが一つだけある。それは・・・・

中学生のような感性が甦ることなのだ。

デスマーチを行進していると、感性が甦る。ふと、手にした本を読むと、なぜかわからないけど偶然に自分が猛烈に共感できる一文に出会ったりする。音楽を聴けば、普段ではあり得ないほど、入ってくる。ギターを弾けば、不思議なぐらい上手く弾けたような気がする。

五十嵐の音楽を聴いて、涙がでそうになる。

むしベストテンを眺めて、ああ、俺はやっぱりこの曲が強烈に好きだったんだと再び思ったりもするんだよね。でも、アレも入れておけば・・・みたいな後悔もあるんだけど、やっぱり五十嵐の音楽の良さを再認識するのも、このデスマーチのおかげかもしれない。

でも五十嵐の音楽の良さは、やはり聞き込んでこそだな。それは思う。何度もデスマーチを歩んで、それを感じるよ。だいたい、むかし聴いてた曲を、猛烈に再び聴きたくなるミュージシャンなんてなかなかいないよ。



そういうわけで、むしベストテン、第5位!

得点5?S.jpg



得点5S.jpg


第5位 雪が降る前に

この曲は、五十嵐のセカンドアルバム「ナチュラルロード」A面の4曲目である。

三拍子の曲は僕の知っている限り、この「雪が降る前に」オンリーだ。他にあるかなぁ。あったら、だれかおせーて!「バイバイ」では、♪春ちかくなるといつも別れと出会いが訪れるそんな季節♪の部分だけが、三拍子となっている。

三拍子は反則だ。

ハマると、切なすぎるから。

中島みゆきの「蕎麦屋」という曲も三拍子なんだ。デスマーチを歩いていると、強烈に入ってくる曲の一つだな。

ワルツ。♪過ごしたいな冬一夜 とけそうなワルツを 愛してると 愛してると 繰り返しながら♪なんなんだ!この切なさは!デスマーチを歩き続けて、終わりが見えなくて、何日も仕事場に泊まって、まだ終わりが見えなくて、でも久しぶりに家に帰る車の中、この曲を聴いてごらんよ。

涙で前が見えないぜ(あぶねって!)

雪が降る前に.jpg

僕はもう写真もさらしてるから、わかる通り、顔面偏差値で言うと45ぐらいだ。
当然一番モテたい時期だった中学生の頃は付き合ってもらえる彼女もいるわけもない。告白もされず、告白する勇気さえもない。そんな頃

♪別れた後でも友達でいれたら♪

そのころ、もちろん好きな人はいたわけだ。だけど、振られた後のことを考えると、今までの関係が台無しになって、ぎくしゃくすることが怖かった。だから、告白もできずに、彼女なしの中学校時代を過ごした。それは高校でも同じだった。

だから、詩が心に響いたわけだ。

♪広がる星座はもう一つ年上

思いあたるヤキモチにも優しさで今なら♪

五十嵐の楽曲にはよく「やさしさ」が出てくる。
「あなたはあなたわたしはわたし」と
「やさしさ」
この二つが良くでてくるんだ。

ごめん。今は酔っぱらってるから、どの曲にそれがでてくるかは急に思い出せない。
思い出せるのは、「家路」の♪だれもがきっとやさしいものに出会えないまま♪ぐらいだけど、他にもあるんだ。本当にあるんだ(必死)。

五十嵐の作詞ではなくても、これは五十嵐の五十詩のキーワードであることは間違いないんだ。

♪やさしさで今なら♪

優しさってのは、今から30年ぐらい前にいろいろ語られていた。そして、それはあまり意味がなくて、人の成長にとってマイナスなモノであるよううなイメージで語られることが多かった。

でも、みんな「やさしさ」を求めているのだ。

いろんな優しさがあるけど、生半可なものと思うから、そんなモノ価値がないと思うだけで、「やさしさ」ってのは、ものすごく大事なものだ。

それは「ゆるす」「愛してる」「受け入れる」「尊重、尊敬」「痛みをわかる 共感」・・・・そのすべてが合わさったとても素敵な言葉なのだ。

僕はこの言葉が大好きだ。「やさしく」なりたい。これは、人生の目的でもある。


「雪が降る前に」

傷ついた人、デスマーチを歩く自分におくりたい。
posted by むし at 00:53| 北海道 ☔| Comment(16) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お仕事、お疲れ様です。
久しぶりの更新、待ちに待っていました。
「雪が降る前に」という曲。
自分は、最初、歌詞を見ても、どんな曲だったのか、思い出せませんでした。
でも、2度、3度、繰り返し歌詞を読んでいるうちに・・・
「踊りたいな、冬一夜」の歌詞で、やっと思い出しました。情けないです。


まだ、途中ですが、むしさんのベスト10に入っている曲を考察すると、
五十嵐の初期の頃(1980〜1983年)の曲が多いですね。
自分の高校時代は「ナチュラルロード」「愛は風まかせ」のアルバムを、特によく聴いていました。
にも関わらず、「雪が降る前に」の曲をなかなか思い出せず・・・。


むしさんの「デスマーチを行進していると、感性が甦る。ふと、手にした本を読むと、なぜかわからないけど偶然に自分が猛烈に共感できる一文に出会ったりする。音楽を聴けば、普段ではあり得ないほど、入ってくる。」の言葉、わかるなあ。

最近の自分は、感性が鋭くなっている場面になったら、それを利用して、仕事をするようにしています。
その時、その時で、頭に入る言葉が違いますよね。

しかし、今日は、寒いですね。自分は、ここ20年、道南に住んでいるんですが、やっぱりこの時期は寒いです。
道南は道央より、少し気温は高いのですが、
自分の体が、まだ寒さに慣れていないせいかなあ。

「雪が降る前に」
この曲を思い出して、感じたこと。

今年の正月は、実家(札幌)に帰ろうかなあ。


Posted by まっちゃん at 2011年12月11日 08:31
むしさん、お疲れ様です!
きっとお仕事が忙しいんだろうなあ〜と思っていました。ウチの主人も以前は建設関係の仕事をしていて、そのような状況を「現場が火を吹く」と言っていましたね。そうなると家に帰ってこれないことも多く、帰ってきても仕事を持ち帰ってくるので、食品関係の仕事をしている私が会議用の書類作ったりしてましたね。
かくいう私もファストフードの商品開発の手伝いをしていたときは、先に発売日が決められるのでしんどかったですね。配合が決まらず泣きながら試作を繰り返している横で、TVCMの撮影が行われている!間に合いません、とは言えない状況…。
むしさん、おつかれさまでした!
それにしても、たかやんの毎日更新はすごいですよね。

さて私も「雪が降る前に」大好きです!
「つばさ」のような明るい曲も好きだけど、この曲のようなせつない感じのメロディーが五十嵐さんらしい気がします。「デジャブU」とかに近いイメージでしょうか?
個人的には「デジャブU」よりも「雪が降る前に」の方が好きです。
“愛してると、愛してると…”の歌い方も好きですし〜(妄想状態)。“どこかでジングルベル”ということで季節的にも今、ぴったりですね。急に聴きたくなりました!
Posted by MAY at 2011年12月11日 09:51
もう2人とも「毎日更新はスゴイ」って言わないでよ。
穴があったら入りたい気分です。

それはともかく・・・
むしさんお仕事お疲れさまです&ブログ更新ありがとうございます。
「デスマーチ」「しかばねる」どちらも知らない言葉ですが
むしさんの気持ちは異業種の私も痛いほど解ります。
内容と段取りの寸法があってない仕事ばかりですもの…
それプラスして料金を考えると「やってられない!」
よくお風呂場で湯船につかりながら独り言で言ってますもの。
(すみません、これは私の感想でしたー。m(_ _)m)
ちなみに私たちの間では、
とんでもない担当者(クライアント)の仕事を受けた時に
「地雷」と言ってます。地雷は踏みたくないですね。

「雪が降る前に」いいですよね。Hiroaki Igarashi On The Webの
「五十嵐浩晃さんにコンサートで歌ってほしい曲アンケート」でも
http://www1.u-netsurf.ne.jp/cgi-bin/cgiwrap/elfin/igarashivoting2.cgi?
2位ですし、皆さんも納得なランキングだと思います。(#^.^#)
私も「雪が降る前に」よく聴いてます。♪
Posted by たかやん at 2011年12月11日 12:53
まっちゃんへ

「雪が降る前に」はアルバムテーマソングの名曲「ナチュラルロード」の前の曲になるんで、印象が薄くなってしまいますよね。「ナチュラルロード」が大きな曲だから、ちょっとその影に隠れてしまうんですよね。だけど、とてもイイ曲なんで、是非じっくり聴いてみてくださいね。

デスマーチの時に感性が甦る話、ドンパのまっちゃんに共感してもらって、とても嬉しいです。心も体もボロボロな状態な時って、感傷的になって、感性が敏感になるんですよね。
その状態を逆に利用して、仕事に生かすってのは、おもしろい!どうやって活かすかは、まだ具体的なイメージがわかなけど、なにかその心の状態だからできる何かを見つけだそうと思いましたよ!

そうそう。むしベストテンは初期の五十嵐が多くを占めます。それはやはり僕が音楽に一番敏感だった中高生の頃の影響なんですよ。
もう42歳になったけど、その感覚は大事にしたいと思ってます。大人のむしベストテンは、半分ぐらい変わるかもしれません。

いやいや、最近寒いです。お互い札幌出身ですが、帯広は札幌より寒い。寒さの質がまったく札幌とは違いますね。切れる寒さ。まぁ、道南だろうと、道央だろうと、道東だろうと、寒いもんは寒むいんですけどね。

それはそうと、まっちゃんが道南だとすると、来る12/16日の黒松内の五十嵐ライブは近そうですね!僕のブログのリンクの「たかやんのDstudio」の五十嵐応援情報に詳しいですよ!是非是非行ってみてはどうでしょう!
僕はデスマーチなんで、たとえ帯広近郊でも考えちゃいます。

同じファン仲間の池田のKさんが、まっちゃんはラジオでよくリクエストする「旭川のまっちゃんかどうか聞いてくれ」とメールありました。

まっちゃんが道南だとすると、違うみたいですね。
Posted by むし at 2011年12月12日 03:01
MAYさんへ

そうですか・・・デスマーチでツライのは僕だけじゃないんですよね。商品開発なんて、なおさら辛そうですね。カミングスーンのCM撮りと同時進行なんて・・・相当なプレッシャーだったと思います。僕が下請けの場合、元請けには絶対迷惑かけれないので、締切はかなり絶対的なものです。だけど、僕が元請けの場合は、けっこう締切を踏み倒したりもするんですよね。

旦那さんの工事現場の工期はとてもキツイですよ。工期まもれないと会社の評価が落ちるので、指名に関わります。今は総合評価方式といって、さらに工事の点数が受注に大きく影響しますので、とにかく現場の技術屋は大変です。工事事務所は不夜城と化しますからね。
現場代理人さんはそのプレッシャーから、鬱になる人が多いのです。本当に大変な仕事です。頭が下がります。

MAYさんもこの曲が好きだなんて、なんか心強いな!なんなんでしょう。この切なさは。三拍子でずんずん来ますね。「愛してると愛してると繰り返しながら」このフレーズは女性としてはシビれるでしょう。しかもその時の歌声がまたいいんですよね。ホントそう思います。

このころの五十嵐は、一生懸命歌ってたと思います。今はそうじゃないというワケではないのですが、若さならではの一生懸命さがとても歌声に出てて、ハートにきますよね。

僕は「雪が降る前に」と「デジャブU」とは全く別カテゴリに感じるんですけど、「デジャブU」も五十嵐ファンの中では人気の高い曲だし、ライブでもたまに唄ってくれる曲ですよね。この曲は曲としての完成度というか、芸術性は高いと思います。

そうそう、クリスマス!五十嵐のクリスマスソングといえば、なんといっても「二人だけのX’mas」ですけど、僕の中では「雪が降る前に」なんです。クリスマスソングは達郎さんのもそうだけど、寂しい感じがする方が好きですね。
Posted by むし at 2011年12月12日 03:16
たかやんへ

いやいや、大変お待たせ・・・というか、往信不通状態でごめんなさい。そうですよね、デザイナーも同じですよね。デザイナーの場合は、着手するまでの方針決定の段階というか、アイデア出しの段階が、見積には出しにくい大きな時間だから、その間で苦しむのは良く分かります。

真っ白い紙からスタートするわけですから、一筆目を入れる根拠が必要で、それを探し求めるわけですよね。僕の場合もそうですが、複数の仕事の締切が近い場合、そのスケジューリングや頭の切り替えも大変です。

風呂場で「やってらんない!」ってのは、分かります。デフレ時代、クライアントは値段で依頼業者を決める場合が多いですから、チキンレースになってしまって、僕らを苦しめるわけです。
開き直って、自分が妥当だと思う金額で出して、振られる場合もありますから、このさじ加減は微妙ですよ。だけど、いいデザインで勝負しつづければ、かならず勝機が巡ってくると思いますよ。

たかやんが紹介してくれたページのホームは知っていたのですが、こんな投票のページがあるなんて知りませんでした。コアなファンから、ライトなファンまでいろいろ投票しているようですね。このラインナップで、「雪が降る前に」が堂々2位というのは、かなりのサプライズですね。自分が大好きな曲であるにもかかわらず、とても意外に思ってしまいました。

「再会」が人気あるんですねぇ。おもしろい!やはり五十嵐は女性ファンが多いこともあって、女性的な視点の順位になっているような気がします。

たかやんも「雪が降る前に」が好きだなんて、嬉しいですね!
Posted by むし at 2011年12月12日 03:33
むしさん初めまして。
いつも、たかやんさんのブログで五十嵐浩晃情報を見させていただいてました所(コメントはあまりしてなくてごめんなさい)むしさんのブログを知り、こちらにお邪魔させて貰いました。

初めましての自己紹介しますね。
私は札幌に在住の主婦です。
子供も手が掛からなくなり、ネットでいろんな情報を手に入れる事もでき、五十嵐浩晃ファンを復活しました(笑)
昔は「H.I.C」という五十嵐浩晃のファンクラブにも入っていたんですよ!
昨年は北海道神宮祭で久しぶりの歌声を聞き、盤渓のコンサートに行き、今年は4月に札幌のライブに行きました。
結果・・・やっぱり歌声に癒されます!
音源も集めたいのですがなかなか・・・
デビューから今までのCDがあればすぐに買うのに・・・
こんな私ですがこれからよろしくお願いいたします

ケイ
Posted by ケイ at 2011年12月12日 11:37
むしさん、おひさしぶりの更新ありがとうございます。
お仕事で多忙な日々なんだろうなあ、と思ってました。
今は少し心にもゆとりができましたか?
かくいう私もここ二週間ほど仕事以外ではパソコンも携帯のツイッターからも離れてました。年末ですからね〜
(忙しいわりに利益にはならない仕事ばかりですが…)

わ、呼ばれた! 仕事に戻ります。
むしさん、根を詰めずにほどほどに頑張ってください!

Posted by ゆかり at 2011年12月12日 12:03
むしさんへ


Dstudio、自分も見ていますよ。
黒松内のイベント、行きたかったのですが、行けません。
すっごい残念です。
実は、私、学校の先生をしていて、今の時期、保護者との懇談があるのです。
仕事が終わるのは、どんなにがんばっても、午後6時。
自分の住んでいる地域(函館市の隣の北斗市)から、黒松内へは、2時間くらいかかるんですよね。
仕事が終わってから行くのは、時間的に厳しいです。
五十嵐が、12月16日に歌うであろう、「2人だけのクリスマス」聴きたかったなあ。
おまけに無料なんですよね。

そうそう、「旭川のまっちゃん」の件、自分ではありませんよ。

ごめんなさい。




Posted by まっちゃん at 2011年12月12日 19:12
ケイさんへ

初めまして。ブログ読んで頂き、ありがとうございます。現在帯広在住、札幌出身のむし(男)でございます。42歳で、五十嵐は小学校時代からのファンですね。ケイさんはヒックのメンバーだったんですね。

僕もヒックに入りたかったんですけど、学生時代はそんな財力もなく、ただただ、レコードなんかに付いている案内を指をくわえて見ていた感じですね。

去年から会わせて3回も五十嵐ライブに行ってるんですね。うらやましぃです。盤渓は、僕の実家からけっこう近いですね!ライブもあったんですねぇ。

僕が中3の頃、当時老舗ライブハウス「ペニーレーン」がススキノにあった頃、僕も五十嵐ライブに行きましたよ!なんと最前列に中学校3年生が3人陣取ってまして、五十嵐にしゃべりかけられたのを思い出します。

お子さんの手が離れて、夜のライブ・・・堪能したんでしょうね!神宮にはいつも行きたいとおもってるんですけど、いつも行けないんですよね。とてもアットホームな感じのライブのようですね。

昔ちがって、古いものから新しいものまで、CDがあふれかえっていますから、札幌の大きなCDショップでも五十嵐のCDはなかなか手に入らないでしょうね。

音源の入手のしかたが、お店で買うのではなくて、ネットで買う時代になりました。今やCDのような媒体すらなくなってデータを買う時代ですから、なんだか寂しいですね。

五十嵐の音源は廃盤になったものが多いので、アマゾンや各種オークションで中古を一つづつ買い集めるしかありませんよね。僕ももってないのがいくつかあって、やっぱりアマゾンで中古を買おうと思っています。

ソニーのオーダーメードファクトリーでは、いま出資者を募って、ノーザンシーンからそよ風の頃までのCDボックスが出るかもしれませんが、今のペースでは、いつになるのやら・・・という感じですもんね。

お初のご訪問、とても嬉しいです。いつでもお気軽にコメントくださいね!
Posted by むし at 2011年12月12日 21:19
ゆかりさんへ

おひさしブリでございます。ゆかりさんもお忙しいのでしょうね。ご苦労様です。お互い、がんばってこの難局を乗り越えましょう!!

北海道はもう毎日マイナス、帯広ではマイナス15度を記録しまして、ヒドイ状態です。ゆかりさんの九州も寒いでしょうけど、北海道よりずっと過ごしやすいのだと思います。いいなぁ。

きっとたかやんもそうでしょうけど、利益が少ない仕事が多いですね。今年は特にそうでした。
別に景気どうこうを期待してもしょうがないので、こんな時こそ、しっかり地下の根を増やして、しっかり実力をつけようと思います。

ゆかりさんもお忙しい中、コメありがとうございます!
Posted by むし at 2011年12月12日 21:25
まっちゃんへ

まっちゃんは先生だったんですね!北斗市ですか!この時期は評価だったり、面談だったり、先生も大忙しだと思います。お疲れさまです!

黒松内は残念でしたねぇ。道南ってひとくくりに言うけど、細長くて時間がかかるんですよね。太平洋側と日本海側も違うし。

一昨年は現場が椴法華にあって、帯広から椴法華まで何度も行きましたよ。国縫で高速降りて、そっからがまた遠い遠い。

椴法華の景風って宿が一杯で入れなくて、鹿部の安宿をとったんですけど、現場まで1時間・・・朝の仕事だったんで、4時出発でした。道南を甘くみてはいけませんね。

でも、道南ってすばらしい自然が残っているいい場所です。クマは多いですけど、ブナもあったり、山の緑がとても美しい場所だと思いました。
Posted by むし at 2011年12月12日 21:32
むしさん、お疲れ様です。

デスマーチですか、お忙しいんだろうなと思ってましたがそれほどまでとは…

「雪が降る前に」いいですね、ワルツの曲好きですね、ふきのとうの「流星ワルツ」とか後思いだせないけど、五十嵐さんのこんぶとりの歌もちょっとワルツみたいになりますよね。

五十嵐ファンといっても曲名だけでは思い出せないものありますが、ノーザンシーンとナチュラルロードは特に思い入れが強いので、むしさんもこの曲好きなん♪私も♪私も♪ってうれしくなります。
Posted by まだみん at 2011年12月13日 01:15
まだみんさんへ

youtubeで「流星ワルツ」を聞きながらコメントしています。はじめて聞くけど、なつかしい。三拍子はもの悲しいのがいいですね!
「こんぶとりの唄」・・・あれ?4拍子で、普通に8ビートのノリだけどなぁ〜。と思って、しばらくいたんですけど、四拍子の指揮をとりながら、全部唄ってみました。

そしたら、あった、あった!最後のリタルダンドの
昆布とりの唄ぁ〜 (ここから→)コンブ ト リ ノォーオ う(←ここまで)たぁーーーー♪
ありましたよ。

「バイバイ」もそうですけど、四拍子に6/8とか3/4とか平気で入れちゃうんですね。五十嵐。

やはり、CDでBGMのように聞くと曲は入ってきてもタイトルが入ってきませんよね。僕もCDになってからというもの、曲名が出てこなくなりました。五十嵐だけでなく、すべてのミュージシャンの。これは!と思う曲だけです。

レコード針を落とすとか、テープをひくり返したり、テープのケースに入っているタイトル用紙に手書きで曲名を書き入れる作業もあったし、レコードの時は大きな歌詞カードを眺めながら、曲を聴く時間ってのがあったような気がしますね。

なんだかんだナチュラルロードからベストテンに3曲もランクインしてしまいました。他にもイノセントとかナチュラルロードなんかも大好きな曲ですね。

ノーザンシーンも今のところベストテンに入ってないですけど、僕が一番繰り返して聞いて、はじめて買った五十嵐のLPですし、僕も思い入れがありますよ。

いよいよベスト4ですが、まだみんさんの好きな曲も入っているとおもいますよ!

ブログ書けない時もコメント頂いてありがとうございます!
Posted by むし at 2011年12月14日 00:18
むしさんへ

 まっていました!ベストテン。
 お忙しいところ本当にありがとうございます。
第5位、これも泣ける・泣かせる五十嵐の大人ソングですね。私も冬歌のなかで特に好きな一曲です。
 気長に待ちますので、息の長い五十嵐ファンのコミュニティーにしていただけたら嬉しいです。千葉の田舎から応援しています。
Posted by nao at 2011年12月17日 11:03
naoさんへ

お待たせいたしました。気長に・・・ありがとうございます。僕はこうやって、文章を書くのが好きなんですよね。だから、ブログを書くことは苦痛ではなく、「楽しみ」なことなんですけど、仕事がたまってプレッシャーがかかってくると、「何やってんだろ?」みたいなふうに思ってしまって、精神的に辛くなってくるんですよね。だから、さっさと今の仕事の山を片づけて、スッキリした気持ちでブログ書きたいんです。

どうやら、僕はnaoさんと好みの曲がかなり重なっているようです。曲の好みは、食べ物の好みと同じように人それぞれなので、共感してもらえるとなんだか、「縁」みたいなものを感じてしまいます。

千葉からありがとうございます。なんだか、全国に五十嵐ファンがバラバラにいて、五十嵐の曲でみんなで共感できるって、とてもいい感じですね。

デスマーチ、もうすぐ突破できそうです。これからも楽しくベストテンそれから、昔のコンサートのことや、新しく出た「コンド55歳」のことや、これから出るアルバムの話しなんか、ここでやりたいです。

ありがとうございます。
Posted by むし at 2011年12月18日 06:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。