2011年12月20日

第4位 むしベストテン

「ピンチはダマでやって来るからピンチなんだ」
これはアントニオ猪木の言葉だ。
これはどういうことかというと、ピンチってのは単発ではなくて、ダマ(いくつものことが合わさって)やって来るってことで、ピンチを構成する一つ一つはたいしたモノではないんだよってことなんだ。

デスマーチ行進中であるが、なんてことないことが一杯あって、そのダマの大きさが大きなプレッシャーとなるんだよな。でも、一つ一つはチョロいもんなんだよね。

だから、そんな時は、落ち着いて分解して、一つ一つやっつけちゃえばいいだけなんだよな。それだけなんだよな。

だからなんもプレッシャーなんてないんだよ。

すべてが終わった時のバラ色の晴れ晴れした気持ちがもうすぐそこなんだ。




だいぶ前の話になっちゃうけど、ライブがあった帯広「ホーリーズ」に昼飯食べにいったら、マスターのホーリーさんが、ライブにはるばる三重からいらっしゃったKさんからの手紙とお土産を僕にくれたんだ。

お土産は段ボールに入った柿で、ぼくは3ついただいた。ライブに参加したみなさんに送ってくれた柿なんだけど、その中に1つだけ渋柿が入っているそうだ。

僕の食べた3つの柿はどれもおいしかったので、渋柿ではないと思う。

三重のKさん、ありがとうございました。お手紙までいただき、とてもうれしかったです。そうですね、またライブでお会いできたらうれしいです。

こんどは、帯広組が三重まで行かないとね。
(かねがね金がねーからなぁ〜おいらは)

それから、ホーリーズのランチはおいしい!!僕は現場が多い上、小遣いも少ないので、普段昼飯は弁当なんだけど、またランチ食べに行きたいです。

あと、プロモーターM氏から、「時代屋のようで」をプレゼントしてもらった!!ありがとうございます。何度も聞いてますよぉ〜!五十嵐の作曲じゃないから、敬遠してたんだけど、なかなかイイ曲だなぁ〜と思いました。曲紹介するには、何年も聞き込まなきゃなぁ。

それから、僕がもっていなかったアルバム「デッシン」と「愛のために僕が出来ること」を中古で買ったんだよね。これで五十嵐全曲制覇だぁ〜!



これもまだ聞き込んでいない・・・ので、詳細はこれからにしようと思うんだけど、やっぱり、ファンのみなさんはめざといと思った!

みなさんのコメント欄に出てきていた「デッシン」と「愛のため・・・」に入っている曲、帯広ライブでリクエストあった曲、やっぱりイイ!

「優しいパレード」、「草の駅」、「雨のダンスステップ」なにより心惹かれたのは、「永遠までの微笑(えがお)」だな。


ファンの間で、デッシンを流行らせようとしてるんだけど、無理そうだな(コイツ馬鹿だと思ってくだいねぇー、するーで。)。


あと、五十嵐を語れる帯広のバーがあるんだけど、それについてはコンドのエントリーに書きます。


それでは、むしベストテン第4位!


得点4?.jpg

パタパタ・・・・




得点4.jpg


第4位 ハートに火をつけて


ハートに火.jpg



「ハートに火をつけて」は、五十嵐の4thアルバム「wing 」A面1曲目のナンバーだ。



アルバム「wing」のエントリーでも書いたけど、このアルバムにレコード針を落とすと、この「ハートに火をつけて」のアコースティックギターの小気味のいい前奏となる。この曲の前奏のワクワク感は、「ハートに火をつけて」という単曲の前奏にとどまらず、「wing」というアルバム全体のワクワク感につながっているのだ。naoさんの好きなwingA面の流れの1番バッターにふさわしいナイスな曲。とにかく底抜けにスカッとする曲で、疲れも吹き飛ぶよ。


この曲にいろいろ解説を加える必要はないけど、スプライトソング(爽やか系)で、詩としては「ペガサスの朝」と同じように、フレーズ勝負って感じがする。

♪心は宙にまいあがりそうさ♪
♪ハートに火をつけて♪
♪悩みは誰の胸にも ある ♪
♪生きてる あつい命もってるよ♪
♪燃やせよ君の命♪
♪歌うよ心こめて♪

なんかそれだけで元気になってくるではないか。

思いを君に届けたいよ♪(この後のコーラスと)
心は宙に舞い上がりそうさ♪この後のコーラスは一体なんと言ってるんだろう?

life my fire like my fire に聞こえるけど、こんなトンチンカンな英語なんておかしいと思うし・・・ファイヤーは間違いないとおもうんだよね。タイトルからして。
(追記:歌詞カードに書いてあったw Light my fire Light my fire 燃え上がれ俺の炎って感じかな?)


この曲をコピーしてわかったんだけど、すべて同じ(かちょっと変化が入るだけで)コードパターンを繰り返している曲なのだ。

AメロもBメロもサビも同じコードで弾けるのだ。なんか、聞いている時は多彩なコード使っている感じがしたんだけど、ビックリ。同じコードの繰り返しで、全部弾けちゃう曲はけっこう五十嵐にはあって、たとえば「星座標」はEm→Am→D→Emで全部弾けちゃう。もちろんちょっと変化も入るし、3番で変調して半音上がるんだけど、そこらへんは無視して全部弾けちゃうの。
「ブリージーナイト」は、Dm7→G7→CM7→Am7で全部弾けちゃう。だからこれらの曲はけっこうギターの初心者にはいいかもしれない。

僕のコピーはレコードやCDを聞いて、オリジナルキーを見つけて、正確に音を聞き取るコピー(完全コピー)ではなくて、自分の音程で適当に歌いながら、音が合った部分のコードの前後関係を埋めていく方法で、ちょっと違うなぁ〜と思ってもまぁ、「当たらずとも遠からじ」でヨシとしてしまう。要はテキトーなコピーなのだ。

昔はそれを覚えていたんだけど、最近はすべて忘れてしまっていたので、コード進行をパソコンに書き留めるようにしている。

不完全「当たらずとも遠からじ」コピーの需要はあるかどうかわからないけど、このブログのロム専の人で、ギターを弾いているひとがいるかもしれないので、虫コピーを出しておく。

ハートコード.jpg

五十嵐の市販楽譜は、「ノーザンシーン」と「ナチュラルロード」を合わせたものが、まだみんさんのもってるKmp、ドレミ出版、そして僕のもっている国際楽譜出版社から出ている。「セイリングドリーム」については、まだみんさんのもっている全音楽譜出版社から出ている。

しかし、wing以降がないのだ。だから虫コピーがあるものについては、これから出していこうと思うけど、需要がないかもしれないので、様子を見ながら出していこうと思う。「ぜんぜん違うじゃねーか!」という苦情は受け付けないw

僕が大学生だった今から20何年か前、世間はバブル、テレビはドラマの時代だった。トレンディードラマ。そのドラマのタイトルに「ハートに火をつけて」というドラマがあったのだ。

僕はもしや・・・五十嵐の曲がドラマのテーマソングに!!!!と思って期待をちょっとだけ、ほんのちょっとだけしたんだけど、やっぱり違った。たしか杏里だったと思う。

でもさ、五十嵐の「ハートに火をつけて」なんて、ドラマの主題歌にピッタリだとおもうけどなぁ。ドラマタイトルと同じ曲があるっちゅーねん!なんか、そのドラマ関係者にむかついてきたw



「wing」の切り込み隊長、「ハートに火をつけて」これを聞いて、頭スッキリ、気分爽快になろうぜ!

(追記:池田のKさんからメールあり。「デッシンでなくデッサンよ。」ありがとう。心配してくれて。)










posted by むし at 00:16| 北海道 ☔| Comment(10) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むしさんへ

「ハートに火をつけて」って、WINGに入っていた曲なんですね。

1枚目から3枚までのアルバムは30万枚以上の売り上げがあり、
この4枚目のアルバムは、そこまでは売れなかったようですが、
自分は、WINGもそよ風の頃も大好きです。

自分は、1985年頃から、五十嵐の曲を聴くようになったので、
最初は、ペガサスの朝と愛は風まかせしか、知りませんでした。

でも、WINGやそよ風の頃を聴いて、こんなに素晴らしい曲があることに驚きました。

もっと、注目されても良いアルバムだと思うのですが・・・。


ところで、昨日、ディープパープルを久しぶりに聴きました。今、聴いても名曲ですねえ。
Posted by まっちゃん at 2011年12月20日 20:13
むしさん、こんばんわ〜♪

ホーリーズのランチおいしそうですね♪

いつか帯広に行くことがあったら食べてみたい♪

「いつか」があるといいな〜

五十嵐さんの曲、基本すべて好きなのでものすご〜く好きな曲と好きな曲の二通りにしか分けられないなあ〜とむしさんのベストテンが始まってから私のベストテンを考えてますが、なかなか決まりません。

今年になって初めて聞いた曲は、私にとって新曲なので今は上位にくるけれど聞きこんで落ちついたら変わるだろうな〜

「ハートに火をつけて」はむしさんらしいなあと(よく知らないのに決めつけてすみません)おもいます。

今ハマってる『僕が見つめてる〜Good days,Bad days〜』は五十嵐さんの曲じゃないし、『With(ウィズ)』も『はるかなる国』も私にとっては新曲なのでCDが聞けるときはよく聞いてます。

今日ちらっと見たTVで1曲すごく売れるとつぎの曲はそれより売れないと世間に認知されないって言ってました。

「ペガサス」は良い曲だけど他にも五十嵐さんの曲良い曲いっぱいあるんだよ〜って声を大にして言いたいです。



Posted by まだみん at 2011年12月21日 01:11
ライブに来たお客さんから柿を送っていただけるなんて、さぞかし楽しいライブだったのでしょうね。うらやましい!
次回があれば参加したいものです(日程が合えば…)。

「ハートに火をつけて」は珍しく山上路夫さんの作詞なんですよね。私としては山上さんってどちらかというとアイドルの曲とか歌謡曲とかのイメージがあったので意外に感じたのを覚えています。

むしさんの選曲も私にとって意外性があって楽しいです!
Posted by MAY at 2011年12月21日 21:19
まっちゃんへ

そうそう、「wing」にしても「そよ風」にしてももっと売れても良かったと思いますよ。どれぐらい売れたかわからないけど。

それにしても最初の3枚が30万枚も売れてたんだ。スゴイ!LPレコードの売り上げで30万ってスゴイんじゃないかなぁ。さらにペガサスのシングルが42だったか、45万枚だったかと記憶してるんですけど、五十嵐がどのぐらい儲けたかしらないけど、10億円以上の売り上げですよね。

いい曲がそのまま売り上げにつながらないのは、世の常というものですけど、なんだかもったいないんですよね。せっかくのいい音楽が、人知れず埋もれていくのって。

なんとか再ブレークしてもらいたいです。そして、wingやそよ風が見直される日が来て欲しいものです。

それにしてもディプパ、これは昭和の名曲ですよ。本当に。これについては、また詳しく書こうと思います!
Posted by むし at 2011年12月21日 23:33
まだみんさんへ

その「いつか」が本当に来るといいですねぇ〜。五十嵐ファンが集まるなんて、最高ですね。五十嵐の聖地はやはり札幌ですけど、ホントこの前のライブは帯広にいろいろなところから集まって、それはそれは盛り上がりましたよ!

>「ハートに火をつけて」はむしさんらしい
ははは。コレわかりますよ。とにかく、むしベストテンで意識してることは、誰にも媚びないということなんです。みなさんのブログやコメント見たり、五十嵐のライブやyoutube見たりすると、どうしてもファンの期待に応えたくなったり、媚びたくもなるんですけど、絶対に媚びない、俺は俺!みたいな気持ちで、これをはじめる前にノートに書き出して、順位は変えてません(笑)。

僕らしいというのは、シブめの曲、芸術性の高い曲、という感じではなく、シンプルにいい曲ってことだと思うんですよね。中高生の感覚ですよね。あと、埋もれているけどいいんだよなぁ〜って感じの曲は、ちょっと贔屓目に順位つけてるかもしれません。

売れた次ぎの曲は売れないか・・・やっぱりアイドルってわけじゃないから、そうなってしまうかもしれませんね。ペガサスの次ぎのディープパープルなんて、最高の曲なのに。ルビーの指輪よりいいのに(笑)

Posted by むし at 2011年12月21日 23:43
MAYさんへ

本当に楽しいライブだったんですよ。三重のKさんもとても律儀な方で、柿までおくってくれて、五十嵐の輪が全国に広がって嬉しいですよね。MAYさんも帯広来れたらいいですねぇ〜。でも、俺も金ためて、国安さんのライブハウスに行きたいですねぇ〜!

山上路夫さんは、wingで「ハートに火をつけて」、「つばさ」、「レイニーハーモニー」を作詞してますねぇ。どの曲も僕は大好きです。とにかく、この方は大御所すぎますね。たしかに、歌謡曲とアイドルが多いですね、wiki見る限り。ポップス系といえば、オフコース(群集の中で)、ゴダイゴぐらいかな?今再ブレークしている由紀さおりの「夜明けのスキャット」も山上さんなんですねぇ。すごいなぁ。

意外性の男と言われてますから(笑)。いままでは大穴だったかもしれません。だけど、さすがにベスト3となると、みなさんが思っているのと変わらないのではないかなぁ。

なんとか、年内にむしベストテンを終わらせたいとおもっているので、デスマをさっさと抜けますよぉ〜!

次ぎはスポットライト+3位ですね。
Posted by むし at 2011年12月21日 23:56
ハートに火をつけて

むしさん いつもたのしいブログありがとうございます。またわざわざ「naoさんの好きなwingのA面」とコメント入れていただきただただびっくり&感謝です

WINGの「切り込み隊長」 まさにぴったりの言葉です。アルバムのわくわく感高まる一曲ですね。ここから最後のRAINHARMONYまで一気に聞け、どの曲も本当にいい。売れなかったのが不思議です。いよいよベスト3ですね。どの曲かとう期待とベスト10が終ってしまうさみしさで少し複雑です。このつぎの五十嵐ファンの団結を高めるナイスな企画もぜひ心待ちにしています。ありがとうございました。
Posted by nao at 2011年12月29日 10:03
naoさんへ

こちらこそ、楽しいコメントありがとうございます。wingだけでなく、他のアルバムもそうなんですけど、曲の順番とか、その流れって大事だと思いますね。

たとえば、この「ハートに火をつけて」が他のアルバムの真ん中ぐらいに入ってたとすれば、ここまで惹き付けられることはなかったかもしれません。

五十嵐のアルバムはその辺がかなりこだわりをもっているような感じがします。CDの時代、ダウンロードの時代となった今、A面、B面という2つのストーリーはパッケージされませんけど、五十嵐のアルバムの1番バッターは「ノリの良さ」が最重要視されていて、「切り込み隊長」となる1曲目はどれも僕の好きな元気ソングなんですよね。

>五十嵐ファンの団結を高める企画

ありがとうございます。なんか、「むし!なんでその曲なんだよ!コッチだろ!」って感じで、団結がなくなる方向に行ってしまう心配があったんですけど、そう言ってもらえてホッとしてますよ(笑)。

いよいよベスト3ですね。僕は昨日仕事の山をかたづけて、デスマーチ完了となりました。だけど、これから家族を引き連れて大移動があるんで、ベスト3は年明けになってしまいます。すみません。年内ベスト3と意気込んでたんですけど。

それではnaoさんも良いお年をお迎えください。
Posted by むし at 2011年12月29日 10:47
今年も明日までとなりましたが、デスマーチからは抜け出せたでしょうか?

今年秋からのお付き合いでしたが、楽しいブログをありがとうございました!

よいお年をお迎えください。
来年4月にはニューアルバムが聴けますよ〜〜〜!
Posted by MAY at 2011年12月30日 08:38
MAYさんへ

あけましておめでとうございます!
しばらく札幌の実家に帰省していたので、お返事できませんで、申し訳ございません。

こちらこそ楽しいコメント&五十嵐マメ知識を頂き、ありがとうございました。

いよいよ「Breezy」4月発売ですね。いいタイトルですね。原点回帰。五十嵐の音楽そのものって感じです。今から待ち遠しいですねぇ〜!!

年末ギリギリにデスマーチから脱却しまして、心に余裕ができました。今年はデスマにならないように、日頃から全力でがんばりますよぉ〜!

今年もよろしくお願いいたします!
Posted by むし at 2012年01月04日 16:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。