2012年02月13日

境長生

先週木曜日は早朝から出張だったのだ。
帯広を出て、北見で打ち合わせ。その後美幌、弟子屈(てしかが)、中標津、標津と回り、土曜日の深夜(もう日曜日)に帯広に到着。長い長い600kmほどの道東ドライブだった。

北海道.jpg

行きは早朝から昼間の移動で、天気が良かったので、平野部ではプラスの気温で水たまりなんかもあったのだが、峠はもちろん極寒。そのせいもあってか、車にはとけたり凍ったりを繰り返したチョコレート色のつららが付いている。

峠1.jpg

摩周で車を降り、コンビニでタバコと缶コーヒーを調達して戻ると、なにやらタイヤに付いている。

峠3.jpg

な、なんだ!?この造形は!!!

峠2.jpg

た、太陽だ!いや、イタリアの真実の口のような、とにかくキモく、芸術的だったので、たくさん写真を撮った。おそらく、融けたり凍ったりで、泥よけなどからホイールにポタポタと水滴が落ち、それがタイヤ中心部の軸から放射状にほとばしり、それが冷凍庫のような峠の寒さで凍り付き、このようなキモかわいい造形ができたのだろう。

こんな経験は初めてだ。さて、五十嵐の話題・・・というか、今日は五十嵐少なめなんだけど、「五十嵐家の人々」ということで、五十嵐の回りの人の話をしよう。





ミュータウンレコードのホームページにあるニューアルバム「Breezy」に寄せての五十嵐のコメントがVol.1から現在のところVol.11まであって、とても興味深く読ませてもらっているところだ。

そこには、アルバム「Breezy」ができるまでの出会いや、影響を受けたミュージシャンのこと、デビュー前のアマチュアバンドBreezyの活動や、そのときの仲間のことまで書かれている。

五十嵐がアマチュア時代、おそらくこれは五十嵐が大学3、4年生の時代だとおもうんだけど、堀江淳、横山輝一、野呂さん(このお方は知らない)、蠣崎弘・境長生(ZIG・ZAG)など、後にレコードデビューする逸材が次々に誕生する、まさに札幌音楽革命(五十嵐談)が起きていたということなのだ。

五十嵐がこの当時21歳から23歳ぐらいの間だとおもうんだけど、その頃同じ札幌で時を過ごしていた僕はといえば、ピンクレディーや松崎しげるなんかが好きだった小学校低学年。さすがにまだ音楽を進んで聞くような年ではなかったのだ。


もし、僕が高校生だったなら、きっと五十嵐が活動していた文化屋に通っていたのかもなぁ〜なんて考えてしまうんだ。

もちろん、堀江淳は「メモリーグラス」、横山輝一は「ラビンユー」なんかでおなじみだったわけだけど、このZIGZAGというバンドのお二方、蠣崎弘・境長生については全く知らなくて、五十嵐のこのコメントを見て初めて知ったわけだ。

そしてyoutubeなどを検索して、横山輝一や堀江淳、蠣崎弘なんかの音楽を聴いていたんだけど、なかなかいいわけ。とりわけ強く心惹かれたのは、境長生(さかいちょうせい)。

それで、境長生のブログを見て、インディーズで出しているCDを札幌4プラ7F自由市場にあるミュージックショップ「音楽処」から通販で買ったんだよね。

この4プラ7F自由市場は、僕が子供の頃、街に行くと心躍らせて通った、中古レコード屋レコーズレコーズがあった場所なのだ。今でもあるのかなぁ。

アンダートーン.jpg

2010リリース 境長生 「under tone」

なに?コレ・・・

めっちゃめちゃイイんだけど!

なに?オレ、中学時代の感性を取り戻したか!?
とても気に入った。なんで境長生、知らなかったんだぁ。

とりあえず聞いてくれ。境長生「under tone」から3番目のトラックに入っている「ひまわり」。



ひまわり.jpg

まだ、「under tone」を聞き始めてから日が浅いんだけど、今のところこの「ひまわり」が一番のお気に入り。
この境長生のメロディーは本当に多様だと思った。ボクシングでいうとワンツーからフック、アッパー、ボディー、ストレートと次々に休みなく繰り出す感じ。1ラウンド持たないぐらい次々に手数を出している。そしてアコースティックギターも見せ場が多く、聞き入ってしまう。

メロディーは五十嵐と同じくミディアム調で、微妙な音をつないで、いい感じを出している。だけど曲調は五十嵐とは全く異なっている。五十嵐のようなポップな感じはあまりなく、渋くて重みがある曲調となっている。

五十嵐同様ボサノバ調の曲もいくつかあって、とてもいい感じだ。ギターは力強く、とても上手い。アレンジもハマっていて、好きだなぁ〜僕は。このアルバムは境長生のアコースティックギター、ボーカル、コーラス(一人三役)、そしてベースとピアノというとてもシンプルな構成だ。そしてアレンジとプロデュースも境長生本人だ。

五十嵐も境長生も札幌を根城にしているミュージシャンだから、今でも会って話したりするのかなぁ。僕の実家からバスで20分ぐらいのところにある、ばんけいスキー場のイベントで、二人は共演したみたいだけど。

続いて「under tone」の1番目のトラック「星空」を聞いてくれ。



星空.jpg

ギターがカッコイイ!
なんか、いろんなメロディーが入っていて、聞き飽きないぞ!
僕は矢島美容室(とんねるずとDJオズマ)が歌った「ニホンノミカタ」がかなりお気に入りソングなんだけど、これもメロディーがたくさん詰め込まれている曲なんだ。

CDではコーラスも入っている。境長生自身によるコーラス。このコーラスもいいんだよ。

なんでこんないいミュージシャンがインディーズからリリースしているのか不思議だ。というか、自身でプロデュースしてインディーズから出しているんだから、とても立派なミュージシャンなんだけどさ。かつて境長生はメジャーデビューをしていて、アルバムもシングルもリリースはしているんだけど、もっともっとメジャーになってもいいと思うんだけどなぁ〜。

境長生は五十嵐とほぼ同年代だと思う。僕が一番すごい時代だと思っているアラウンド'80の時代を生きていたミュージシャンだ。世代的には、フォーク的に言えばポスト拓郎、陽水って感じなんだけど、すごいなぁ。

これはやはり五十嵐の言う通り、札幌音楽革命だよね。好きなミュージシャンが増えてうれしい。それも五十嵐と同じ場から生まれた人なんだから、なおさら応援したくなる。

境長生「under tone」は僕のオススメの1枚だ。
音楽処からネット通販で手にはいる。もし、youtubeなんかでイイと思った人は是非どうぞ。詩もとてもいい。

アンダートーン裏.jpg

「笑顔の似合わない人なんていない」(パウダースノーVより)
一度、言ってみたい台詞だね(笑)。

帯広に来たら是非ライブに行ってみようと思う。
【関連する記事】
posted by むし at 02:20| 北海道 ☔| Comment(13) | 五十嵐家の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むしさん、出張お疲れさま〜

お仕事とはいえ、すごい距離のドライブですね〜

それだけ長い距離車に乗ってるならドライブのお供の音楽は五十嵐ばっかりってわけにはいきませんよね。

私の長距離ドライブは娘のいる徳島に行く時くらいですが、どれとは言いませんがいくら五十嵐さんが好きでもこれは眠くなるからダメだ!ってアルバムがあります。www

チョコレート色のつらら!タイヤのホイールの真実の口!前の凍った胴長といい凄〜い!!

TVや雑誌に載るくらいおもしろいと思いますけど投稿とかしないんですか〜?


境長生さん聞きました、カッコいいですね〜、私はCD買ってまでは聞かないと思いますが、ZIG・ZAG?で検索してたら境さん自身のブログを見つけてコメントに返事されてるのとかみて、五十嵐さんもブログやればいいのに〜と思いました。

今日は録音したラジオ魂聞きながらコメントしてま〜す♪
Posted by まだみん at 2012年02月13日 23:10
寒そうですね〜〜〜。写真見ただけで身震いしそう!
ツララ状のものは私の実家あたりでも見かけますが、真実の口ははじめて見ました。タイヤが回っていても構わず凍り続ける!信じられません〜。
&地図を見ても、距離感がピンと来ませんが、きっとすごく時間がかかるのでしょうね。特に冬場は。気をつけて運転してくださいね。

私は蛎崎さんというかたもZIGZAGも知りませんでした。でも境長生さんはデビュー曲の「いくたびも恋」が好きでラジオから録音したものを良く聞いていました。
当時は私も高校生でお金がなかったのでレコードは買えませんでしたが。
って、むしさんはその頃、小学生か〜〜〜。
境長生さんを聞く小学生って、仲良く出来そうにないので、ピンクレディーで正解だと思います。

ほんと、五十嵐さんもブログやればいいのにね。
野崎社長に「指導」してほしいものです。

Posted by MAY at 2012年02月14日 13:03
昨日はラジ魂聞きながら仕事で徹夜となりました。ラジカセから線を引いてボイスレコーダーで録音するという方法を初めてやってみましたが、これだとすぐにデジタルになり、音もまぁまぁでしたよ。

あの前半のサイコロ選曲は何だったんだ!見えないんだから、適当に全曲流せば良かったのに。正直すぎる五十嵐。まぁ、後半は充実していたので、良かったですけど。

僕は長距離ドライブはもっぱらNHKラジオですね。ipotをトランスミッターで飛ばすやつをずっと使ってましたが、古いタイプのトランスミッターですぐ充電が切れて、聴けなくなって、やめました。

それを使っている当時は、五十嵐のCDはほとんどもってなかったし、五十嵐を聞いていない時代だったので、他のミュージシャンでしたね。

NHKのラジオは一番充実していて、うるうるしてしまうような番組もあり、好きです。

あの真実の口にはビックリしました。なんか不思議なタイヤの造形です。もっといい角度の写真にすれば良かったと後悔。

境長生、そうそう。カッコいいのです。メロディーは本当に多様で、歌謡曲みたいのから、ボサノバ、ジャズ、いろんな音楽の影響を受けている人だと思います。
Posted by むし at 2012年02月14日 17:56
MAYさんへ

>タイヤがまわっていても構わず凍り続ける
上手い表現ですねぇ。そういうことが言いたかったんですけど、なかなか表現できないものですね。

いやいややはり時間はかかりました。打ち合わせもあったのですが、朝6時半に出て、ホテルに着いたのが3時でしたから。もちろん、峠は50km平均ぐらいですから、かなりゆっくりペースですね。

平野部が暖かくて、峠が凍っている状況は、実は一番危ないのです。日影や峠の麓は、氷と水の両方が存在するわけで、これは一番スリップしやすいです。
このドライブでは1度だけブレーキしたときにスリップした感じがあり、そのときはヒヤリとしましたね。

なんといっても一番大事なのが、スピードダウンです。そのときは徐行ぐらいでちょうどいいです。この冬は日本中寒くて雪がありますので、とにかく注意が必要ですね。氷の上に水が少しのっている状態だと、人間も立っていられなくなるぐらい滑る場合がありますから。

MAYさんはリアルタイムで境長生の曲を聴いていたのですね。先ほどyoutubeで「いくたびも恋」を聞いてみました。今の曲調よりストレートですね。僕は今の方が好きですけど、昔の曲も集めてみたくなりましたよ。

長生ブログはご本人も気軽に返事くれたりとか、ミュージシャンがとても身近に感じるブログですね。五十嵐のブログかぁ。コメントから想像するに、五十嵐は携帯派だと思うので、ツイッターとかで、オヤジギャグをつぶやけばいいのに。

当時MAYさんは高校生なんですね。すると五十嵐よりけっこう年下になるのかな?まぁ、女性の年を詮索するもんではないですね(笑)。

境長生を聞く小学生・・・どんなだろ、キモいね(笑)
Posted by むし at 2012年02月14日 21:02
繧縺励&繧難シ後%繧薙↓縺。縺ッ縲ゅ♀荵�縺励�カ繧翫〒縺吶�
莉雁ケエ繧ゅh繧阪@縺上♀鬘倥>縺励∪縺呻シ育ャ托シ峨�

繧縺励&繧薙�ッ縲悟「�髟キ逕溘阪&繧薙r遏・繧峨↑縺九▲縺溘�ョ縺ァ縺吶°!?

遘√�ッ蠖捺凾縺九i螟ァ繝輔ぃ繝ウ縺ァ縺励※�シ�2004蟷エ縺薙m縺九i豈主ケエ
蟶ッ蠎�縺ォ縺願ソ弱∴縺励※縺�縺セ縺励◆繧茨シ∵乖蟷エ�シ�2011蟷エ�シ峨�ッ
遘√�ョ驛ス蜷医〒縺。繧�縺」縺ィ辟。逅�縺縺」縺溘�ョ縺ァ縺吶′繝サ繝サ繝サ縲�
�シ磯聞逕溘&繧薙↓縺ッ�シ梧諢上↓縺励※縺�縺溘□縺�縺ヲ縺�縺セ縺呻シ�

逕滓シ泌・上�ッ�シ梧ュ」逶エ繧ゅ≧縺励≠縺偵∪縺励※譛鬮倅クュ縺ョ譛鬮倥〒縺吶�
蠖シ縺サ縺ゥ縺サ縺ゥ繧ョ繧ソ繝シ繧剃ク頑焔縺ォ鬧�菴ソ縺励※貍泌・上&繧後k譁ケ繧�
�シ育ァ√�ッ�シ峨⊇縺九↓遏・繧翫∪縺帙s縲�

縺翫◎繧峨¥�シ御コ泌香蠏先オゥ譎�縺輔s繧貞・ス縺阪↑莠コ縺ッ�シ�
蠅�髟キ逕溘&繧薙b菴舌�譛ィ蟷ク逕キ縺輔s繧ょ・ス縺阪↑縺ョ縺ァ縺ッ!?
縺ィ蜍晄焔縺ォ諤昴▲縺ヲ縺�縺セ縺吶ゅ♀�シ謎ココ縺ョ蜈ア騾夂せ縺ッ�シ�
縺翫@繧�繧後↑繝。繝ュ繝�繧」繝シ繝ゥ繧、繝ウ縺ィ繧ョ繧ソ繝シ繝�繧ッ縺九↑�シ�

蠅�髟キ逕溘&繧薙�ッ�シ鯉シ托シ呻シ假シ大ケエ縺ォ繝薙け繧ソ繝シ縺九i
縲後>縺上◆縺ウ繧よ°縲阪〒繝�繝薙Η繝シ縺励∪縺励※�シ�
繧キ繝ウ繧ー繝ォ�シ捺椢�シ後い繝ォ繝舌Β�シ呈椢繧貞�コ縺励※縺翫i繧後∪縺吶�
縺ゅ→�シ�2006蟷エ縺ォ逋コ螢イ縺輔l縺セ縺励◆繧ェ繝繝九ヰ繧ケ�シ」�シ、
縲悟圏豬キ驕薙た繧ヲ繝ォ繝舌Λ繝シ繝峨阪↓繧�2譖イ蜈・縺」縺ヲ縺�縺セ縺吶�

遘√�ッ蜈ィ縺ヲ謖√▲縺ヲ縺�縺セ縺呻シ育ャ托シ会シ�

繧縺励&繧薙′縺泌鵠蜉帙@縺ヲ縺上□縺輔k縺ェ繧峨�ー�シ�
莉雁ケエ縺ョ譏・縺句、上%繧阪↓縺ァ繧ょクッ蠎�縺ォ縺願ソ弱∴縺励∪縺励g縺�縺�!?
繝帙�シ繝ェ繝シ繧コ縺輔s縺ォ繧ゅ♀鬘倥>縺励∪縺励g縺�縺九�ュ�シ育ャ托シ峨�

縺薙�ョ隧ア縺檎屁繧贋ク翫′繧翫r隕九○繧後�ー�シ�
霑第律荳ュ縺ォ縺ァ繧る聞逕溘&繧薙↓騾」邨。縺励※縺ソ繧医≧縺九↑!?

霑ス莨ク�シ壹い繝ォ繝舌Β逋コ螢イ蠕鯉シ御サ雁ケエ荳ュ縺ォ縺ッ�シ育ャ托シ�
莠泌香蠏舌&繧薙b縺願ソ弱∴縺励∪縺吶h�シ√h繧阪@縺上〒縺吶
Posted by 繝励Ο繝「繝シ繧ソ繝シ�シュ豌 at 2012年02月18日 17:16
むしさん,こんにちは。お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします(笑)。

むしさんは「境長生」さんを知らなかったのですか!?

私は当時から大ファンでして,2004年ころから毎年
帯広にお迎えしていましたよ!昨年(2011年)は
私の都合でちょっと無理だったのですが・・・。
(長生さんには,懇意にしていただいています)

生演奏は,正直申し上げまして最高中の最高です。
彼ほどギターを上手に駆使して演奏される方を
(私は)ほかに知りません。

おそらく,五十嵐浩晃さんを好きな人は,
境長生さんも佐々木幸男さんも好きなのでは!?
と勝手に思っています。お3人の共通点は,
おしゃれなメロディーラインとギターテクかな!

境長生さんは,1981年にビクターから
「いくたびも恋」でデビューしまして,
シングル3枚,アルバム2枚を出しておられます。
あと,2006年に発売されましたオムニバスCD
「北海道ソウルバラード」にも2曲入っています。

私は全て持っています(笑)!

むしさんがご協力してくださるならば,
今年の春か夏ころにでも帯広にお迎えしましょうか!?
ホーリーズさんにもお願いしましょうかね(笑)。

この話が盛り上がりを見せれば,
近日中にでも長生さんに連絡してみようかな!?

追伸:アルバム発売後,今年中には(笑)
五十嵐さんもお迎えしますよ!よろしくです。
Posted by プロモーターM氏 at 2012年02月18日 17:20
プロモーターM様

「プロモーターM氏」をハンドルネームで使っていただき、ありがとうございます。笑ってしまいました。

最初の方の文字化けしたコメントも、おそらくMさんのマックからのものと思うんですけど、リトライしていただき、恐縮です。ありがとうございます。

Mさんは、当時から長生さんをご存じなんですね。さすがでございます。僕の聞いている音楽なんて、本当に偏っているんですねぇ。大した情報も知識もなく、えらそうに五十嵐ブログなんてやっていることに恥らっております。

Mさんも弾き語りやってるので、僕と同じような視点で見ているとおもうんですけど、境長生のギターはいいですねぇ〜。いまローポジションですけど、under toneのアルバムをコピーしているんです。そのうち、youtubeみながら、ライブとおなじようなカッコイイ微妙なコードでも出来るようになりたいのですが、今は基本コード拾って自分で弾いて楽しんでいる状態ですね。

おそらくライブは最高だと思います。音楽はやはり生が一番いいです。でもこのアンダートーンというアルバムは、非常にシンプルな楽器構成になっていますから、なんだかライブっぽい音がとても良く感じます。

メロディーもとても良くて、カッコ良さもあって、おそらく幅広い年齢層の方から支持されると思います。

境長生帯広ライブの時は、是非協力させてください。ポスター製作とか、力仕事なら協力できると思いますので。ホーリーズさん、いいですね。ネットでは源さんのところでやった情報が出てて、帯広でもやったんだなぁ、と思ってたんですけど。
やはりプロモーターM氏の息がかかっていたのですねぇ。すごいなぁ。もっと早く知っていれば・・・

CDとして出ているのは、このアンダートーンと、「北海道ソウルバラード」だけということですね。
全部聞きたいですねぇ〜。オークションでレコード見てみます。

それと、いよいよ五十嵐アルバム発売ですね!楽しみです。それについても、何かお手伝いできることがありましたら、遠慮無く言ってください。

あと、「時代屋のようで」プレゼントしていただき、本当にありがとうございました。五十嵐作ではないのですが、とても気に入ってます。
Posted by むし at 2012年02月19日 06:55
むしさん,早々のご返答をありがとうございます!

”プロモータM氏”と自分で呼ぶのは,いまを
最後にしておきます(笑)。うけてよかったです。

私は根っからの五十嵐浩晃さんファンなのですが,
(ディープ・パープルは私も1位です(納得!))
境長生さんの理解者&ファンが1人増えたことを
ものすごく嬉しく思います。

五十嵐さんや堀江淳さんとは違い,残念ながら
長生さんは”ヒット曲”に恵まれなかったが
本当に素晴らしいミュージシャンです。
昔の音源は手に入りにくいですので
(売れた枚数が少ないですので(汗))
機会があれば一度聴きにいらしてください。
(私の職場にでも足を運んでください。)

2010年暮れには五十嵐さんと国安修二さんの
ジョイントライブを梵さんで企画しましたよね。
(むしさんにご出席いただきました)

その前年の2009年暮れには長生さんと国安さんの
ジョイントライブを梵さんで企画しました。
あと,同年春には五十嵐さんと佐々木幸男さんの
ジョイントコンサートを帯広市民文化ホールで
(帯広音鑑主催で)企画しました。

上記は全て,120%私の個人的趣味です(笑)。

こうなったら,近い将来(今年は難しいかも)
五十嵐さんと長生さんのジョイントライブしか
ありませんね!幸男さんも一緒にお願いできれば
(私としては)なお最高ですね(笑)。

いずれにせよ,長生さんをお迎えしましょう。
今年中には何とか・・・ご協力お願いします。

あと,五十嵐さんに先日ご連絡させていただき
ましたところ,今年のご来帯は後半かな(!?)
といった感じでした。前半(夏頃まで)は何せ
ご多用のようです。五十嵐さんご本人様も
ホーリーズさんでの凱旋ライブをご希望されて
いましたよ!

まずは,ご報告まで!

追伸:
お時間のあるときで結構ですので
時にはお電話でもいただけると嬉しいです。
この辺,お話しましょうね。
Posted by M at 2012年02月19日 13:33
プロモーターMさま&むしさん、2009年春の五十嵐さんと幸男さんのライブ行きましたよ。友人と3人で東京&埼玉から。で、帯広で札幌在住の友人と、帯広の友人と合流して観光したりライブを聴いたり。
ライブの翌朝、帯広駅でお二人を見送ったとき、私もいっしょに改札口でお見送りさせていただきました〜。
今年の後半、また帯広に行かねばならぬか?!
土日で行けるよう、ライブは土曜にしていただけると嬉しいな。って日程次第ですけどね。
Posted by MAY at 2012年02月19日 16:48
Mさんへ

やったーーー!
長生さんの演奏を帯広、しかもホーリーさんのとこで見られるなら最高ですね!!今年来てくれるといいですね。スケジュール都合つけば、嬉しいな!

本当に長生さん(五十嵐は長くファンなので五十嵐なのに、長生(さん)と、さん付けになってしまいますね)にハマっていて、毎日リピートで聞いて、ギター弾いているのです。

飽きませんね。本当にイイ曲ばかりです。
すばらしいミュージシャンだと僕も思います。

僕もMさんが長生さんとパイプを持っていて、同じ音楽に共感できるのは嬉しいです。

五十嵐とダブルでジョイントしたなら、イっちゃいそうですけど、6時間は見ないと納得出来ないかも・・・。
各2時間、セッションで2時間。

佐々木幸男さんはあんまり知らないので、またyoutubeなどでいろいろ聞いてみたいと思います。

でも、Mさんのようなパイプをもったプロモーターさんがこんな小さな街に居てくれるというのは、本当にありがたいですし、本業もお忙しいのに、ただただ頭が下がる思いです。

こんどご迷惑でないお時間のある時にでも職場に遊びに行かせて下さい。最近行ってないので、ちょっと迷子になってしまいそうですが・・・。長生さんのお話や五十嵐のお話聞かせてください。

五十嵐は秋以降ですね。きっとブリージーのプロモーション、ライブ活動で全国を飛び回って、多忙なスケジュールになっているんでしょうね。

五十嵐も長生さんも再ブレイクして欲しいと願っていますよ。




Posted by むし at 2012年02月19日 21:16
MAYさんへ

MAYさんがいらして、帯広のお姉さまと観光したのは、佐々木幸男さんとのジョイントの時だったんですねぇ〜。埼玉から帯広までというのは、やはり半端でないファンですねぇ〜。スゴイ!すみません。恵まれていて僕。

土曜日にライブできればいいですね!
とはいえ、スターのスケジュールが帯広のような地方小都市に土日にあてがわれるのは、難しそう・・・

でもみんなで五十嵐ライブを見れたらいいですねぇ。お酒ごちそうしますよ(笑)。

Mさんのお力で、お三方のジョイントなんていったら、それはそれはスゴイことですね。イベントみたい。広い会場じゃないとキビしそうですね。

うーん。それにしても、長生さんはイイ・・・
40を越えて、ここまで新たにハマるミュージシャンが出てくるとは思ってもみませんでした。
Posted by むし at 2012年02月19日 21:27
むしさん,MAYさん,RESをありがとうございます!
仕事に追われていまして,ご返答が遅れました。
すみません・・・。

まず,MAYさん,素敵な企画が実現した暁には,
ふたたび帯広でお待ちしていますよ〜。
きっと今年(か来年)あたりには!

むしさん,佐々木幸男さんは,ポプコンの神様のような方です。
「君は風」という名曲があります。五十嵐さんや
境長生さんと相通ずるものを感じると思います。

北海道のミュージックシーンを考えるとき,
ものすごくざっくばらんに分類しますと(笑),

私が思う北海道フォークのラインとしては,
すずき一平さん,松山千春さん,みのや雅彦さん!

フォークらしからぬおしゃれなメロディーラインは,
佐々木幸男さん,五十嵐浩晃さん,境長生さん!

その中間の感じが,ふきのとうのお2人方,
堀江淳さん,VOICEのお2人方,かな!?

意外と外れていないかと思いますが,
いかがでしょうか!? 無理かな(笑)!?

ちなみに,3月24日(土)にホーリーズさんに
すずき一平さんがこられます。名曲「水鏡」を
生で聴いてみませんか!? ちなみに,恋多き私は
もちろん一平さんの大ファンでもあります(笑)。

では,むしさん,今度は私の職場でお待ちしています!
Posted by M at 2012年02月21日 20:55
Mさんへ

こう見ますと北海道は北海道はミュージシャンが一杯ですね。あと中島みゆき、ドリカム、安全地帯、GLAYなどもいますね。

僕の好みは、佐々木好み・・・じゃなくて、やはり五十嵐、長生ですね。ミディアム系・・・というか、ギターで言うとメジャーセブンス系とでもいいましょうか。

東京はもちろんですけど、北海道、広島、福岡などはなぜミュージシャンが多いのか不思議な感じがありますが、Mさんもプロモーターすることで、そのような土壌づくりに一役買ってるんですよね。ご本業も土壌づくりも含まれると思いますが、何の因果か・・・

鈴木一平さんホーリーズさんに来るんですね。HBCラジオで鈴木一平さんが五十嵐のこと話していたのを聞いたことがあり、メール出してリクエストしたら、読まれた経験があります。

Mさんとこ遊びにいくのを楽しみにしてますよぉ〜!
Posted by むし at 2012年02月22日 05:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。