2016年01月06日

ちあき哲也

ボクがブログを休んでいる間に、五十嵐家の人々の訃報がけっこうあった。
五十嵐の尊敬する大滝詠一、五十嵐と何度も共演しているだろう北海道のジャンボ秀克、デーブマン、そしてなんといっても五十嵐の名曲の数々の作詞を手がけたちあき哲也である。

ちあき哲也(1948年6月11日−2015年5月10日 66歳 五十嵐より8歳年上)
ちあきてつや.jpg
出典:http://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/M09-2146.html


パラレルワールド。

あの時、違った道を歩んでいたら、現在はどうなっていたんだろうという世界。藤子F不二雄は、ドラえもん、パーマンなんかが代表作だけど、本当はパラレルワールドを描いた彼の短編集こそがすばらしいんだ。その中でも一番好きなのが「ノスタル爺」だ。


五十嵐をもっとも良く聞いていた小学生高学年から中学生の時代。ボクは意味もわからずにちあき哲也の歌詞を聴いていた。でも大人になった今でも意味そのものはよくわからないんだ。だけどイメージは子供の頃からよく伝わっていて、大人になった現在もそのイメージの解釈に大差はない。

何度も聞いたちあき哲也の歌詞。これは確実にボクの潜在意識に溶け込んで、ボクの様々な判断や感傷に大きく関わっているはずである。おそらく、ちあき哲也がいなかったら、彼の詩にふれることがなかったら、今の自分は全然違う自分だったかもしれない。

一度もあったこともないちあき哲也、日常生活でほとんど意識することなく、せいぜい五十嵐のレコードを聴くときに眺める歌詞カードに目を通す時に、一瞬だけよぎるにすぎない彼に、もしかしたら僕ら五十嵐ファンはとてつもない影響を受けて、人間性が形成され、人生の方向付けをされているのかもしれない・・・というか、程度はあるにせよ絶対そう。

人は本当に影響しあい、支え合っているのがわかる。逆もある。ボクの小学生の少ない小遣いから買った五十嵐のレコードで、ちあき哲也に何円かが収入として入り、それでラムを飲みながら推理小説を読んでいたのかもしれないのだ。

ここでちあき哲也作詞の五十嵐の曲をあげておこう。歌詞カードなどで確認したんだ。29曲あったよ。


<ノーザンシーン>
・夢泥棒
・ディープパープル
・愛は風まかせ
・デ・ジャ・ヴー
・ミルクレディー

<ナチュラルロード>
・ペガサスの朝
・フォギーナイト
・小さな明日
・雪が降る前に
・ナチュラルロード
・流星群
・イノセント
・いつまでも

<セーリングドリーム>
・想い出のサマーソング
・星に願いを
・インディアン・サマー
・朝のシルエット
・ひと夏のマリエ
・ララバイグッバイ
・家路
・初恋の街
・サフランの花(コレクターBOXに収録)

<wing>
・ビコーズ
・踊り明かせば

<そよ風の頃>
・LOVE YOU(田口俊と共作)
・デ・ジャ・ヴーU
・グッバイメモリー

<Redsky at Night>
・December Rain

<BREEZY>
君だったのかもしれない


ディープパープル
どうして むくわれないものが好き?
つく傷は いつも一色 そしてこんな旅を


状況がよくわからないんだけど、せつなすぎるんだよ。


愛は風まかせ
愛は風まかせ ほんのひと吹きで 他のいとしさへ

なんなんだよ、この大人な感じ。

ペガサスの朝
熱くもえる まるでかげろうさ
汗のしずくが とてもきれいだよ
めぐりあいは だれもいない海
旅のはからい 感謝したいのさ

意味わかんないけど、なんだよ、このモリモリとわいてくる元気は。

雪が降る前に
ひろがる星座は もう一つ年上
思いあたるやきもちにも やさしさで今なら
愛してると愛してるとはじめてのように

意味わかんないけど、この切なさは異常・・・

ナチュラルロード
かすかな惑い たちきるように 鳴り止んだベルが
後にさせた 街はいつか たそがれ・・・

意味わかんない。だけど見える。


イノセント
光が薔薇にそめる海を とおく聴けば
いつか荒れたこころに帰る ひとのやしさ

意味わからないってゆーか、すべてが矛盾してるけど、やさしすぎる。

インディアン・サマー
そして秋ふと訪れた 海沿いの白い部屋は
テラスの向こう たそがれの埠頭
カモメたちがはしゃくだけ

なんなんだ、情景だけなのにこのむなしい感じ。

家路
静けさに波をたてながら
駆け抜ける 風と淋しさが
すれちがうたそがれ・・・


淋しいんだけど、じーん。風と淋しさがすれ違うたそがれ。

誰もきっとやさしいものを
さがしてるのに
今ときのいとなみだけが
風の中 美しい街

ビコーズ
涙をふいてもう一度
あの好きだったほほえみを
人は時間とひきかえに
ふとなれるのさひとつ強く

意味わかんないけど、なんか真理っぽい(笑)

LOVE YOU
自転車で光る街
風をうけかけぬけてた
すれちがう 君はさわやかすぎたね あまりに

この詩がさわやかすぎるから。

デ・ジャ・ヴーU

その先の一言は とりかえしつかないから

これはね。教訓だね。


本当に伝わるなぁ。やっぱりね。すばらしい詩ですね。


Collectors Box 1980-1985のライナーノートにもちあき哲也のことが書いてあるので引用する。

そして「SAILING DREAM」の名曲と言えば(笑)、「インディアンサマー」だ。今でもだいたいコンサートの時には歌う曲だ。作詞はちあきさんなのだが、とにかく詩がすごいと思う。♪そして秋 ふと訪れた 海沿いの白い部屋はって もう歌入れの時の出だしの♪そして秋って歌うと脳天がやられた(笑)!


wikiを見るとちあき哲也は、大学卒業後浜口庫之助に師事。作品を認められ、作詞家デビュー。とある。

浜口庫之助(はまぐちくらのすけ)は戦争にも行ったバンドマン出身、作詞も作曲もするソングライター。
黄色いサクランボ、僕はないちっち、バラが咲いた、空に太陽があるかぎり、人生いろいろ等など、名曲をたくさん手がけている人で、その弟子ということになる。

永ちゃんの「YES MY LOVE」 いいさ ほんの おもい ちがい それで  この3文字攻撃w

ほんの ほかの  そうさ  あさい  ゆうべ まあ、愛風も3文字攻撃

フレーズ重視。伝わる言葉をものすごく集めているコレクターなんじゃないかなぁと思っている。

作曲については、五十嵐はじめ筒美京平、都倉俊一、後藤次利、小室哲哉、織田哲郎なんかのヒットメーカーがいるわけだけどけっこう多様性があるようなイメージだ。ところが、作詞については、阿久悠、松本隆、売野雅勇、秋元康などヒットメーカーが偏っているイメージ。僕の予想では、これはどうしてかというと、作詞というのは、実はけっこう技術的なもので、ある高いレベルをクリアすると高い確率でイイ詩が書けるのではないかとおもっているんだけど。

ちょっと作詞について考察したらキリがなくなるので、ここで止めるけど、作詞には何か極秘な技術があるのではないか・・・などと思っているところです。


まぁ、いずれにしろ、僕はちあき哲也に知らずに影響され、今現在このような人間性で、このような人生を歩んでいるわけです。
そして、五十嵐ファンの方々すべてにそれが当てはまるような気がして、ちあき哲也さんに本当に感謝を送りたい気持ちなわけです。
【関連する記事】
posted by むし at 01:20| 北海道 ☔| Comment(8) | 五十嵐家の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むしさ〜ん  はじめまして〜
道産子です  (キーボード練習中)
五十嵐さんの歌はデビュー当時からず〜っと変わらずス・テ・キですね〜
不治の病「五十嵐病」にかかってからはや35年 アッ!今年で36周年を迎えられるんですね
この病いは現代の医学では解明できないですね…たぶん きっと
4日にYouTubeで ♪「雪が降る前に」♪を聴いて初夢もみてないのに初泣きでございました
ジ〜〜ンときますね
同じ北海道なのでどこかの道ですれ違うカモ〜
イガブロは最初から見させていただいていますよ
ゆっくりでいいので末長〜く続けて下さいね♡m(__)m♡
Posted by ドロンパ at 2016年01月06日 13:57
>ドロンパさんへ

はじめまして〜!!
キーボード練習中って言うから、バンドでも組むのかな〜なんて考えてました(笑)パソコンのキーボードですね、これは(笑)
五十嵐病長いっすねぇ〜。僕は中抜けした時期があるんでね。36年にはなってないと思います。五十嵐病って、ライブでは五十嵐のギャグにとうとう根負けして、笑いがとまらなくなる現象ですよね。ライブではね。
「雪が降る前に」はいいですよ。僕中学生のころ、よく歌ってました。この曲が一番だと思ってましたよ。三拍子って、あんまりないから、ギターもリズム合わせにくいんですけど、練習しましたね。2番から半音上がって変調なんですけど、中学生にとっては、急にコードが難しくなるんですよね。だから、2番も変調せずに歌ってましたね。
ありがとうございます。1月に2本ぐらいをめどにやっていきます。五十嵐以外のネタを入れて月4本をとりあえず目指します。
よろしくおねがいしますね〜!
Posted by むし at 2016年01月06日 15:48
むしさん、さっそくの更新!すばらし〜〜〜

「ノスタル爺」はじめて読みましたよ。
出来ることならあの頃に戻ってやり直したいって思うよね〜〜〜「帰りたくてあの若さに…」おばちゃんになったら余計にそう思うわ〜〜むりだけど〜

意味は分からないけどイメージは伝わる!
そうだよね〜〜〜〜ちあき哲也さんの詞は。
良い曲いっぱい感謝感謝です。
Posted by まだみん at 2016年01月07日 17:46
>まだみんさんへ

実はちあき哲也さんの訃報をまだみんさんのブログで知ったんですよね。http://blog.goo.ne.jp/kaimon722/e/107cc70879208e653d72fc47a2ba1ef3 意味はよくわからない・・・というか、どうでもとれるようになってるんですよね。だけどイメージは伝わるって、本当ですよね。おそらく、どうとでもとれる詩、それぞれの人の心情に形を変えて入り込む詩がイイ詩なんですよ。でも小学生にも、寂しさ、元気、あきらめ、むなしさ、色で言うなら白とか、色で言うなら赤とか、そいうのって伝わるっているんですよね。
「帰りたくてあの若さに・・・」雪が降る前にですけど、まさにそんな世界の漫画の紹介となってしましましたね。ドロンパさんのコメントの雪が降る前にのようつべですが、投稿者のハンドルネームが(笑)。
とにかくちあき哲也さん、本名小林千明さんに感謝です!!
Posted by むし at 2016年01月07日 19:31
こんにちは。
3日の記事にコメントをしようと思っているうちにもう更新されてた!
飛ばしていますね!

やっぱり初期の五十嵐さんの曲はちあきさんの歌詞と鈴木茂さんのアレンジとでイメージが確立された感じがしますよね。
作詞ってほかの文章と違って、文法とか正しい言葉遣いとかは必要なくて、イメージを伝えるものだから、本当に感性を必要とするのでしょうね。
「作文」は練習をするとある程度はうまくなるでしょうけど、作詞ってそうじゃない気がします。

ちあきさんの詞の力を借りて「ペガサスの朝」がヒットして、今もこうして五十嵐さんのライブを聴くことができるのだから、ちあきさんには感謝しています。

そうそう、むしさんがブログをお休みしている間に、フェイスブック上で境長生さんと「お友達」になりましたよ。
びっくりでしょ〜。

追記:業務連絡です。メールを差し上げたのでお返事をいただけたらありがたいです。以前とメルアドが変わっているので、もしかしたら迷惑メールトレイなどに入っているかもしれませんので、ご確認いただけたら幸いです。

Posted by MAY at 2016年01月07日 21:23
>MAYさんへ

>作詞ってほかの文章と違って、文法とか正しい言葉遣いとかは必要なくて、イメージを伝えるものだから、本当に感性を必要とするのでしょうね。「作文」は練習をするとある程度はうまくなるでしょうけど、作詞ってそうじゃない気がします

本当にそうですよね。境長生さんのライブアルバム「スクラッチマーク」が2014年にでたんですけど、そこの長生さんのMCで、「みんなイイ音楽をつくろうとしてて、イイ音楽をつくるには、自分がイイ人間になるしかない」という感じのことを言っているんですよね。だから、詩というのは人間性というのが、まず基本になるんだとは思うんですよ。秋元康の人間性もきっとすばらしいんですよw(まあわかりませんけど)。
ぼくはその基本の上に技術的なものがあるんだと思います。技術は学校で習うような「韻」「繰り返し」「色」「倒置」のようなものから、知られていない秘密の技術までものすごく一杯あって、それらをいいバランスでふんだんに使っているんだと思います。ピンとくる言葉を一杯あつめて、曲と共鳴するものを選んで・・・という。
長生さんとお友達ですか。イイですねぇ〜。MAYさんは昔から長生さんの曲をきいていたんですからねぇ〜。僕はfacebookをまだしていないので、今の仕事が終わったら挑戦しようと思います。
業務連絡了解です!!
Posted by むし at 2016年01月07日 22:17
むしさん、フェイスブックのご参加、お待ちしております!
なんと昨年は伊藤銀次さんともフェイスブック上でのお友達になれたんですよ〜♪
すごい世界です!
Posted by MAY at 2016年01月07日 22:27
>MAYさんへ

伊藤銀次さんとは大物とお友達ですね(笑)
作曲やアレンジのイメージのある伊藤銀次さんですが、シュガーベイブ、EPOの「Down town」の作詞は伊藤銀次なんですよ。あの詩がすばらしいんですよ。七色の黄昏おりて風はなんだか涼しげ土曜日の夜はにぎやか街角はいつでも人いきれそれでも陽気なこの街いつでもおめかししてるよ暗い気持ちさえすぐに晴れてみんなウキウキ・・・こんな涼しげなウキウキなさわやかな楽しうれしい歌詞もめずらしいです。
子供の頃からすきだったRCサクセションの「雨あがり」の時ぐらいのメンバーに小川銀次さんっているんですよ。その方もギターの名手ですけど。子供の頃、伊藤銀次さんがRCのメンバーだったと勘違いしてた時期がありました。
Posted by むし at 2016年01月07日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。