2016年01月12日

脳内結婚式

seesaaブログにはアクセス分析というツールがあって、どのページが良く読まれているかわかるようになっている。最新の記事(エントリー)がもっともアクセス数が伸び、過去記事などほとんど読まれないのが普通なわけだが、このイガブロに関しては過去の記事が好んで読まれている結果となっている。もちろん新しい記事の方がアクセス数が多い傾向にはあるのだが、過去の記事もおしなべて良く読まれている。これは僕にとってはとてもうれしいことなのである。僕は十勝に特化したブログサイトでもたま〜にブログを書いたりしているんだけど、そちらの方がほとんど古い記事が読まれない。

そこでどうして過去記事が良く読まれるか考えながら見てみると、このイガブロのコメントがおもしろいというのがその理由だと、自分なりに分析しているのだ。コメントを読んでいると、五十嵐のことが分かったり、ファン同士の共感を得たりといった、うれしい気持ちになるのだ。

まぁ、これはfacebookでも同じかもしれないし、他の五十嵐ブログの皆さんも同様だと思われるわけだけど。

過去記事「第7位、6位むしベストテン」の中でコメントをいただいているまっちゃんとMAYさんが、五十嵐の楽曲を結婚式で使ったというコメントがあって。それがとてもおもしろかった。まっちゃんの披露宴は、新郎新婦入場が五十嵐のプロポーズ、そしてリアルプロポーズの時にも気合いを入れるためにプロポーズを聴いたということ。そしてMAYさんの退場曲が夢泥棒、そしてケーキ入刀の時にはプロポーズだったかも・・・とうことだった。

五十嵐の楽曲が、人生の節目で記念のシーンを演出したり、行動への勇気をくれたりしているわけだ。

池田のKさんは、看護婦というキャリアを捨てて、酪農家になる決意をするときに、「君の生き方をつらぬいて」が背中をおしてくれたそうだ。

僕の人生の節目に五十嵐の曲はあったかどうか・・・、節目というわけではないけど、小学6年から弾き始めたギターは五十嵐の影響もあるかな。はじめて行ったコンサートは五十嵐のコンサートだし、僕にとっては音楽好きにしてくれたのは五十嵐の影響が大きいと思う。

僕の結婚式といえば、教会の式はあげたのだが、披露宴は親の病気で1ヶ月前にキャンセルして、そのまま披露宴はしてないなぁ〜。もちろん披露宴の計画は進んでいたから、自分なりに披露宴に使う曲のイメージはしてたんだけどね。


そこで披露宴で使う曲を全曲五十嵐で選曲してみようと思う。


1 新郎新婦入場  「ハートに火をつけて」wing
ハートに火.jpg
入場は元気ソングでなくてはね。司会のよるたま芸人ふれさわひろみつがあの、よく通り過ぎる声で言うわけ。「大変お待たせいたしました。新郎新婦の入場です」。まるでプロレスの入場アナウンスみたいに。するといままでザワついていた会場が一瞬にしてシーーンとなり、あの軽快なアコースティックギターのストロークが聞こえるわけだ。扉が開くのは、前奏のキーボードのグリッサンド(鍵盤を指で滑らす奏法はグリッサンドと言うらしい)のところ。このタイミングでドアが開く。そしてスモークとともに新郎新婦の入場である。軽快なパーカッションとノリのいいベースのチョッパーに乗って、新郎新婦は花道を歩くわけだ.
ふれさわ.jpg
ふれさわひろみつ


2 ケーキ入刀  「めぐり逢い」wing
ふれさわひろみつが、また馬鹿でかい声で言うんだ。「それでは二人で行う初めての仕事、ケーキ入刀です」。ちゃーらーらーらーらーらの前奏で二人がナイフを握ってケーキの前に♪どんな〜にこの時を〜♪歌が始まる。ケーキ入刀のタイミングは、2番の静かな町並みは〜のあとの間奏前のサビ。僕たち巡り会うためにここまであるいてきた〜のタイミング。

3 余興 新郎の友達
 「いつまでも」ナチュラルロード
男の友達はよるたま、ちっぷいんボギーのかみむらしんやだ。「いつまでも」は五十嵐の唯一?男の友情を歌った歌だよね。他にあるかなぁ〜。
かみむらしんや.jpg


4 余興 新婦の友達 「Love songが聴こえる」dessin
 この曲は男の立場で歌った歌だけど、そんなこと関係ないよね。だんだん高くなるから、原キーでは男では厳しいんだよね。女2人で歌ってほしいね。ラジのコーラスもあるし。希望としては、松原ミキが生き返って、ラジと二人で歌ってほしいね。でも松原ミキなら、真夜中のドア、もう一度聴きたいなぁ〜。

5 新婦お色直し入場(カクテルドレス) 「LOVE YOU」 そよ風の頃
 新婦が重たい和服から、軽いカクテルドレスに衣装替えするんだから、五十嵐の曲の中でmost さわやかな曲がふさわしいね。初夏のーせいさー ズズズってタイミングでドアが開くんだ。

6 キャンドルサービス  「星に願いを」セーリングドリーム
 会場が暗くなって、新郎新婦が火をもって各テーブルを回る。軽快なリズム。二人の持っている火が山達の自慢の長髪に燃え移り、騒然となった後、それがフェイクだとわかり、会場大爆笑。

7 新婦手紙BGM 
 「心をこめた愛のしらべ」 セーリングドリーム
 エレキの切ない旋律、「ここーろをこめた〜愛のしらべ、すべーてを君にあげる〜、うけーとめてくれーるようにそっといのるよー」ここまで聴かせて、そこからボリュームダウン。花嫁の手紙の朗読が始まる。読み終わってたあと、「今、今・・・」それが会場の涙をさそうわけだ。

8 新郎新婦退場、参加者退場 「言葉はいらない」 wing
最後は元気ソングで。君はとてもいい感じさ〜のノリで会場を後にする。そこで初めて、地味な黒縁めがねをかけて目立たなかった飛鳥涼に気づく。


結婚式を盛り上げてくれたのは、司会ふれさわひろみつ 新郎友人かみむらしんや である。

彼らは北海道のローカルで活躍している芸人で、五十嵐とはススキノ情報バラエティー「よるたま」をはじめ、「ちっぷいんボギー」などで共演をしている。この二人にロベルト三好を加えて、十勝のローカル有線テレビOCTVで人気番組「十勝しんや倶楽部」が絶賛放送中なのである。五十嵐は知らないと思うが、過去2回、この放送で五十嵐の名前が登場しているのだ。かみむらしんやは、だんだん北海道になじんできていい感じである。
ぺがさすジャズ.jpg

ぼさのば.jpg

五十嵐は話題にちょっっとのぼる程度なのだが、youtubeでもみることができる。

この回は7:20頃に五十嵐の話題


この回は27:00頃に五十嵐の話題
posted by むし at 17:26| 北海道 ☔| Comment(8) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おほほほ〜〜〜私もイガブロの過去記事かなり読み返しましたのよ〜ん。
気になるコメントを探して〜

最近は私のブログはコメントが少ないのですよ、Facebookの方にコメントいただいたりする方が多いかも。

結婚式で使う曲、面白いわ〜〜〜私は自分の結婚式で五十嵐さんの曲を使う!と言う発想が無くて使えなかったのでした。(後悔)

最近は自分のお葬式でかけて欲しい曲を考えたりするんですのよ〜〜〜
「家路」は必須〜〜♪
Posted by まだみん at 2016年01月13日 01:07
>まだみんさんへ

まだみんさんも過去記事読み返してくれているんですね〜。
やはりコメントを探してるなんて、僕の思った通りです。まぁ、自分がそういう読み方をしているから、みんなもそうじゃないかな〜とおもってたんですけどね。

ぼくはfacebookしてないので、人のはみれないのですけど、コメントするのは、ブログよりもfacebookの方が気楽にできるような感じですね。ブログコメント欄は、すこし長くなるため、書くのに少し覚悟が必要なのでね。でも、まぁそんなの思い込みで、一言でもいいのですけど。

まだみんさんは結婚式の時には五十嵐の曲じゃなかったんだ。まぁ、普通にやればホテルの用意する普通の曲がBGMとして流れるわけですけど、こんな風に脳内で想像すると、いろんな曲が結婚式のシーンにフィットすることがわかります。

さすがに葬式までは考えませんでしたが、やすらかに眠る時も大好きな音楽とともにありたいですね〜。
Posted by むし at 2016年01月13日 07:00
むしさん こんにちワ〜
度々ブログに登場させて頂き恐縮しております!

「君の生き方をつらぬいて」っと見るだけで号泣です
ライブで聴けたら顔がグッチャグチャになり声を出して泣くかも〜
即レッドカードが出て退場ですね!
以前はYouTubuにTV映像のがUPされていましたが今は観れなくなって残念です(T_T)

それにしても何年も前にした話しをよく覚えてましたね〜
スゴイ記憶力にビックリしました!!
Posted by K at 2016年01月14日 11:00
>Kさんへ

帯広ライブで「君の生き方をつらぬいて」歌ってくれるといいですねぇ〜。あの梵ライブから5回ぐらいになるのかな。まだ一度も歌ってませんからねぇ〜。是非リクエストしたい1曲ですよね。

Kさんと旦那様とお会いしたのもあのとき以来ですからね。5年ぐらいですか。早いですねぇ〜。きっと印象に残った話だったんですよ。

今すげーーー揺れた!地震だ!携帯なってる(笑)すげー地震。
でも大丈夫(笑)
Posted by むし at 2016年01月14日 12:29
ラジオとババケーに緊急地震速報が鳴ったので外へ避難しましたよ
暫くしてから揺れだしましたが短時間で終わり揺れ方もひどくなかったです(*^^)
犬も牛もさわがずいつもどうりでした
むしさん家あたりも震度3だった様ですが被害はありましたか?
Posted by K at 2016年01月14日 13:20
>Kさんへ

無傷ですみました。
携帯がバイブとともにうなりだして、びっくりでしたよ。
帯広震度4、池田震度3でした。
こっちの方がすこし揺れが大きかったようです。
たしかに牛舎は家よりも地震には弱いでしょうから、すぐ外に出た方がよさそうですね!
Posted by むし at 2016年01月14日 17:10
こんにちは。登場させていただきありがとうございます〜♪
私の披露宴の時は入場曲と、お色直しの新郎用の曲以外は、全曲五十嵐さんにしました!って以前も書きましたっけ?
記憶がないですが。

悲しいことに五十嵐さんのファン仲間がおととしの夏になくなり、お通夜に参列したのですが、友人が選曲してくれたであろう、五十嵐さんの曲がずっと流れていました。亡くなった彼女が好きだった「草の駅」が印象的でした(泣)
Posted by MAY at 2016年01月20日 21:53
>MAYさんへ

すみません。勝手にエピソードを使わせてもらいました。
五十嵐の曲は、結婚式に合いますね。
別れの歌も多いので、使えない曲も多いのですが、ポジティブな詩の曲はそういうイベントのBGMに合っていると思います。
お葬式の時もですか・・・。うちの親父はジャズが好きだったのですが、ジョージシアリングというジャズピアニストのCDをかけてくれという遺書がありましたね。草の駅はMAYさんのベストソングでもあるんですよね。なおさら大切な曲になりましたね。
Posted by むし at 2016年01月21日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。