2016年02月15日

僕のスウィング/ヨショ・ステファン

最近の五十嵐ファンサークルfacebookでは、五十嵐のここ3年ぐらいの新曲の歌詞と、五十嵐の見たDVDのタイトルと一言などが見れて、ファンのみなさんのリアクションとともに楽しく読ませてもらった。五十嵐の帯広ライブの時も言ってたけど、五十嵐は本当に良くDVDをみているようで、数はそうとうなものだろう。年間何百という単位らしい。

その点僕は映画やDVDは最近本当に見なくなった。漫画やドラマも全く見なくなった。大学時代毎週火曜日(火曜日だけは部活がなかった)は必ず映画館で映画を見ていたのに。見なくなったのは特に理由はないけど、働くようになってからあまり気持ちに余裕がないのだと思う。映画を見るには2時間の覚悟が必要だから、なかなかその覚悟ができない。本当に時間貧乏な自分をうらめしく思う。

そんな中、今日はインフルエンザにかかって1週間学校を休んでいた次男坊(3年生)がやっと元気になって、ツタヤでDVDを借りたいというので、一緒に行ったのだ。最近DVDなんて借りることなかったから、1本100円という安さに多少驚き、自動貸し出し器で借りれるのにも多少驚いた。

次男坊がいろいろ物色している中、僕はなんとなくヒューマン系洋画の旧作コーナーをみていたら、「僕のスウィング」という映画があった。実は、ずっと前から気になっていた映画で、当時の映画紹介番組で映画評論家のリリコだったか、クロだったが、そのギターのすばらしさを熱弁していたような記憶がある(考えてみれば、リリコもクロも似ているなぁw)。そして、子供のビデオと一緒に借りることにしたのだ。
スィング1.jpg

この映画は2002年か2003年の映画なんだけど、当時僕はジプシーキングスが好きではあったけど、ジプシースウィングは知らなかったのだ。当然ジャンゴチャボロシュミットも知らなかった。だけど、今はyoutubeの時代だ。ジプシースィングのすばらしい演奏を楽しんでいるのだ。今となってはジプシースウィングが本当に好きな音楽ジャンルとなっている。

Django_Reinhardt_(Gottlieb_07301).jpg
ジャンゴ=ラインハルト(wikipedia よりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88)

スウィング2.jpg

映画「ぼくのスウィング」は、ジプシースウィングのギタリストであるミラルドのギターにヤラれちゃった、間の抜けたソバカス少年マックスが、ミラルドにギターの教えを請うとういうのが発端となる映画。マヌーシュ(ジプシー)であるミラルドの住む街は、貧しいスラム街で、ブルジョア街の少年マックスがそこに通ってギターを習っているうちに、ミラルドの姪である少女スウィングと友達になり、小さな恋がはぐくまれるという映画となっている。そこにマヌーシュのすばらしい音楽と、音楽や自然の知恵を口承で伝える生き方、そして放浪と迫害の歴史なんかが織り込まれている(この辺はアイヌの文化と通じるものがある)。※間の抜けたソバカス少年ってのは、五十嵐ファン以外なら変に思うかもしれないけど、五十嵐の曲「お嬢さんお手やわらかに」の歌詞を文字ってるだけで、この少年マックスの間が抜けているということではありません。

スウィング4.jpg

スウィング5.jpg

この映画のすばらしさはなんといってもミラルド役のチャボロシュミットのギターだ。ジャンゴからのジプシーギターのスタンダードナンバーの旋律の良さ、ギターテクニックは本当にすばらしいと思う。そして子役の男の子(マックス役:オスカーコップ)と女の子(スウィング役:ルーレッシュ)の笑顔が本当にいい。女の子は無邪気なんだけど、インド系の独特の美しさを感じる。そして、男の子がギターを聴いている時の目がとてもいい。ギターの音色にやられちゃっている。

スウィング6.jpg

まぁ映画的にどーのこーのは置いておいて、少年時代にギターの音にやられちゃった自分を映画に重ねてしまったんだよなー。当時中学2年生だった自分が、五十嵐のコンサートに行って、そのギターの音色にやられてしまったことを思い出していた。それはここで何度も書いた、「そよ風の頃」のオールアウトツアーだったんだけど、コンサートは、バンドでやった後、五十嵐が一人になって弾き語りをやるんだよね。それもステージの端っこで。これがしびれた。今思うとそんなにすごいテックニックを駆使してたわけではないんだけど(笑)、本当にしびれた。「だきしめたい」のチャーンチャー・チャララとかね(わからねーってw わかる人いるかな〜?www)。

igarasi.jpg

ミラルドのギターを聴く少年が、あの日の僕だったわけよ。

そしてミラルド役のチャボロシュミットのメッセージ的な台詞もあるんだな。「音楽は譜面じゃねぇ、ここ(耳)とここ(心)だ」
スウィング7.jpg

スウィング8.jpg



五十嵐ファンの人は、どんな音楽を聴いているだろうとかね、たまに考えるんだよね。たかやんの松任谷由実とか、池田のKさんのN.S.Pとかね。やっぱり、ポップス系が多いような気がするけど。おそらくAOR系と言われる人たちが多いと思う。AORって言ってもよくわからいけど(書いてる自分もよくわからない)wikiのページにAOR系のミュージシャンが出ている。五十嵐に近い人が多いのが分かる。

日本のAORミュージシャン[編集]

杏里
石川セリ
伊勢正三
伊藤銀次
稲垣潤一
今井美樹
Especia
EPO
大澤誉志幸
大貫妙子
大滝詠一
尾崎亜美
小田和正
オフコース
オメガトライブ
カシオペア
加藤和彦
角松敏生
来生たかお
楠瀬誠志郎
栗林誠一郎
サーカス
崎谷健次郎
Smooth Ace
Sing Like Talking
佐藤竹善
佐藤博
杉真理
杉山清貴
スターダストレビュー
スペクトラム
シュガー・ベイブ
センチメンタル・シティ・ロマンス
竹内まりや
ティン・パン・アレイ
T-SQUARE
寺尾聰
中田裕二
中西圭三
中西保志
NONA REEVES
ハイ・ファイ・セット
はっぴいえんど
プリズム
古内東子
細野晴臣
松任谷正隆
松任谷由実
ムーンライダーズ
八神純子
山下達郎
山本達彦
吉田美奈子
Lamp


話をジプシースウィングに戻すけど、ジプシースウィングはジャンゴラインハルトがはじめた、ジプシーの伝統音楽とスウィングジャズとを融合させた音楽で、主にギター、ウッドベース、バイオリンなどから成るバンド構成で、アコーディオンやクラリネットなどもはいることがある。中心はギター。

ギターは穴がD型や小さな楕円型のクラシックギターで、これはマカフェリスタイルのギターと言われている。ひたすら循環コードをかき鳴らすリズムギターと、最初と最後だけが定形で、あとは超絶テクニックの即興演奏となるリードギターがつくる音楽は本当にノリが良くて最高だ。

スタンダードなナンバーでは、I'll see you in my dreams, Minor swing、Bossa doradoなんかがある。

「僕のスウィング」に出てくるのは、ホンマモンのギタリスト、ジャンゴの継承者とも言われるチャボロシュミット。その他ストーケロ・ローゼンバーグなど有名なギタリストは一杯いるけど、僕が一番惹かれるギタリストは、ヨショ・ステファン。

この映画の舞台はフランスなんだけど、ジプシースウィングは、かなり国境をまたがる音楽のようで、ストーケロ・ローゼンバーグはオランダ人、ヨショ・ステファンはドイツ人である。僕はもっぱらyoutubeでしかジプシージャズを聴かないけど、おそらくヨショステファンのギターが一番ツボをついていているような気がする。





五十嵐の曲でジプシースウィングっぽいものはないかなぁ〜。たまにJ-POPでもジプシースウィングっぽいのあったりするけどね(山崎まさよしの「ヤサ男の夢」なんてそれっぽい)。そういえば五十嵐の今使っているサウンドホールがナイキのマークみたいなギターは、ドイツ製のマルチネスというメーカーのギターだと思う。最近はずっとマルチネスだから、そうとう気に入って使っているんだと思う。五十嵐はブルースマンが好む、ゴリゴリとしたシャープすぎて音が割れるようなギブソン系のギターは使わないね。柔らかい感じの音、だけどボケた感じの少ないギターを好む傾向があると思う。

マルチネス.jpg

と、ヨショステファンと五十嵐のギターマルチネスがドイツ製で同じというところで、今回は締めたいと思います。ジプシースウィングも五十嵐の音楽も最高です。
posted by むし at 00:02| 北海道 ☔| Comment(6) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザ警報発令中!!ですね
息子さん元気になってヨカッタね〜

看護学生時代は寮生活でおやつを食べながらおしゃべりをし歌をうたい出しましたが その時はボロ〜ン ボロ〜ンとギターの伴奏をしてました(*^^)♪
今はもう弾けませ〜ん  ・・・涙・・・
カスタネットやタンバリンなら叩けそうですが リズムに体がついていかないですね〜
手拍子でガンバリま〜す(汗)

NSPは若かりし頃にレコードを夜に聴いてました
ジージー音が酷く針飛びもする位聴いてました
Posted by K at 2016年02月16日 11:33
回復してよかったです。やっぱり特効薬ができても、1週間ぐらいかかりますね。全快して、人前に出られるようになるまでに。上の二人の期末テストが近いので、隔離状態でしたけど、なんとか家族全員うつらないですみました。Kさんも気をつけてくださいね〜。2つの型両方はやっているみたいなので。
学生寮で、おやつ、おしゃべり、歌、ギターなんて、青春ですね〜。ギターはやっぱり難しいんですよね。初期段階が。だけど、そこを突破してるんですから、また弾いてみてもいいと思います。五十嵐とかね。ブリージーナイトはオススメですよ。
NSPにしても、五十嵐、泉谷、クラプトンにしても、Kさんはアコースティックギターの音が大好きなんだとおもうんですよね。今は弦も柔らかいのがありますし、いいギターを買えば、押さえやすいと思いますよ〜!
Posted by むし at 2016年02月16日 13:45
五十嵐さんのファン仲間、特に男性陣は音楽に詳しい方が多く、音痴(音感なし)の私はついていけません〜(ーー;)
手が小さいので(イイワケですが)ピアノもギターも長続きせず・・・。
聴くのは好きで、五十嵐さん以外だと杉真理さんや安部恭弘さん、槇原敬之さんなどなど。昔は山下久美子さん、大沢誉志幸さん、山本達彦さんもよく聞きました〜。
五十嵐さんが最近何度かジョイントしている池田聡さんも、棚を見たらアルバムが5枚ぐらいかな、思っていたより多めにありました(笑)
お金と時間に余裕があれば、いろんな方のライブも行きたいんだけどねえ〜。
Posted by MAY at 2016年02月22日 21:08
むしさんこんばんは。
私は尼崎ライブに行って浮かれたり村田和人さんの訃報に落ち込んだりの忙しい1週間でした。
映画館に見に行く時間なかなか取れませんよね〜
五十嵐さんのギターはマルチネスはデザインが印象的でしたが
今回の関西ライブで新しいギターになりました。

五十嵐さん以外の音楽。考えたら私、アルバムをコンプリートして持ってるのって五十嵐さんだけなんですよ。
村下孝蔵さんのBOXは持ってるけど。五十嵐さんがアルバムを出さない時代に何聴いてたか考えたら槇原敬之聴いたりスピッツ聴いたりふきのとう聞いたり…でも結局五十嵐さんに戻る〜

オールアウトツアーのイラストGOOD👍
Posted by まだみん at 2016年02月28日 01:33
>MAYさんへ
すっかりお返事が遅れてすみません。
五十嵐ファンの男性陣は、音楽に詳しい人が多いんですねぇ〜。まぁ、女性ファンと違い、男性ファンは五十嵐の男の部分ではなく、純粋に音楽に惹かれているわけですからねぇ〜。40代、50代でまだ聴いているということは、間違いなく音楽好きですよね。でも音楽ってのは、好きであればいいのであって、音楽の雑学を知っているところで、どうということはないのですよね。
MAYさんはAOR系ですね。ジャンル的には。キレイな歌声、ノリのいいpopな旋律。池田聡さんのアルバムも5枚・・・他の人はもっと一杯あるわけですよね〜。なんかライブラリがすごいことになってそうです。でも1枚3000円ぐらいするCDアルバムですけど、ぼくも46歳になって、25年以上アルバムをちょくちょく買っていると、増えますね〜。CDはレコードとちがって捨ててないけど、段ボールに入っているのもけっこうありますよ。おそらく300枚ぐらいは確実にありますね。100万円ぐらいCD買ってるんだ〜。きっと僕なんて少ない方ですよね。止めたたばこだっていくら使ったんだろう・・って計算するの止めます。
Posted by むし at 2016年02月29日 22:30
>まだみんさんへ
尼崎FUN’Sお疲れ様でした〜。本当にうらやましいですよ。あんなに一杯の曲聴けて。しかも、家路やったみたいですね〜。ナチュラルロードやら、草駅やら、まだみんさんの好きなの一杯ありましたね。これでガールフレンドなんかあれば最高でしたね。君の生き方は、池田のKさんに聴かせてあげたいですよね。
村田和人さん、僕はよく知らない人だったんだけど、小樽や札幌にも五十嵐と一緒に来てたし(まだみんさんのブログにありましたけどね)、どんなのかyoutubeで、「一本の音楽」聴いたんですよね。いや〜、いい曲だね〜。山達系ではあるけど、ボーカルに強さがあって、本当にいいミュージシャンだったんだなって思います。本当に惜しい方をなくしました。
五十嵐のアルバムね。僕はコンプリートしてませんね。「幸せの時間」がないし、アポロンのCD集もないし。村下孝蔵さん好きだったんですね。同じ広島ですしね。リーマン風のミュージシャンで容姿で損してましたけど、ギターの技術はすばらしいですね。youtubeにけっこうでてますけど、それこそジプシースウィングのスタンダート「キャラバン」をやったyoutubeがあるんですよ。なかなかこれを弾けるミュージシャンはいないと思います。なんか、惜しい方ばかり亡くなってますね。ギタリストだと、石田長生(おさむ)さんも最近亡くなってます。
地味に入らすとにグッドマークありがとうございます。本当に下手ですけど、紙切れの端の方に絵をしらずに描いているタイプなんですよねw
Posted by むし at 2016年02月29日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。