2016年11月07日

長生&カントリーむしカバー

 Tommy Emanuelという人がいる。
 オーストラリア人、世界中のアコギ弾きを魅了している、世界最高峰のギタリストだ。
 僕もyoutubeでトミーのギターに魅了され、彼の音楽をたくさん聴いた。トミーエマニュエルについては、またこんどのエントリーで触れようとおもうけど、彼の使っているMaton(メイトン)というギターを僕も使っている。
 アマチュアでギターを弾く人の多くは、ギブソンかマーチンというメーカーのギターをいつか買ってやろうと思ってがんばって働き、小遣いをためる。上手い奴がもつギターではない。がんばって働いている奴がもつギターなんだ。もちろん、ギブソンやマーチンを憧れのミュージシャンが使っているからこそ欲しいんだけどね。

 僕もご多分に漏れず、いつかはギブソン、マーチンと思っていた。情けない話だけど、なかなか買えなかった。僕は働いてまもなく結婚したので、正直稼いだ金をそのまま使えるという状態になった期間が圧倒的に短い。10年以上前だけど、独立して無一文になった時、小遣いがゼロ円になった。そのときから机の上に貯金箱を置いて、少し実入りがあったりしたらためはじめたんだけど、それが3年ぐらい前、目標額の30万を越えたんだ。

 昔なら間違いなくギブソンのJ-45やJ-200、マーチンの70年代の中古なんかを探したはずだ。だけど、僕が買ったのはメイトンだった。そのぐらいトミーエマニュエルに憧れて、今も大好きなミュージシャンなんだ。

 そのトミーエマニュエルが憧れていたのが、アメリカの巨匠チェットアトキンスだ。トミーが弾くチェットアトキンスの音楽は滅茶苦茶いい。チェットアトキンスのギターには派手さはないんだけど、トミーが弾くと派手に良くなる。だけど、チェットアトキンスのアレンジや旋律の良さは絶品で、テクニックとしても最高だったんだろうと思う。

 そんなチェットアトキンスやトミーが弾いている音楽の中で、入門的な音楽があり、それがBaby's comming homeだ。これはチェットアトキンスと同世代のジェリーリードというカントリーの巨匠の作曲だ。
それでは、下手バージョンをどーぞ。



それから、カントリーではブルーグラスが好きで、バンジョーも弾けるようになりたいとおもってるんだけど、そんなブルーグラスのスタンダートナンバーの「アンダーザダブルイーグル」という曲、そして高田漣のブルーグラス「銭がなけりゃ」を続けてどーぞ。


そして、五十嵐の朋友であり、円山ノックターンで五十嵐と共演を果たした境長生の中で、僕の好きな「東京」をどーぞ。


MC、自分で聞いていると、ところどころで自分を大きく見せようと姑息な誇張があって、自分でも嫌になる。本当に未熟者だけどね、そこを反省して立派な人になりたいね。



 
posted by むし at 12:02| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

五十嵐むしカバー

僕の住む帯広にはアマチュアの愛好家が、ギターを弾いて、人に聞いてもらえるようなライブハウスがいくつかあって。五十嵐が帯広でやるときのホーリーズも五十嵐のようなプロがやる以外に、地元のアマチュアが集まってライブをやる日があったりする。
 帯広にはそのほか、chabo(チャボ)、sugar(シュガー)、R(アール)、JOY Club(ジョイクラブ)なんかがあって、僕もホーリーズ、チャボ、ジョイクラブでやらせてもらったりしている。最近はジョイクラブが多くて、11月のアコースティックディでやらせてもらった。

 というわけで、恥ずかしいのは山々なんだけど、2016.11.5ジョイクラブアコースティックデイで、五十嵐のカバーをやってきたのでアップした。やはり五十嵐ファンが来ているわけではないので、いつもは「愛は風まかせ」、「ディープパープル」、「ペガサスの朝」をやっている。五十嵐もイベント等ではヒット曲を歌わざるを得ない状態だとおもうんだけど、だだの愛好家の僕でさえ、そんな感じになってしまうから不思議だ。

 しかし、今回はアルバムの曲から選んで歌ってみた。はじめて人前で歌うので、いろいろ反省はあるんだけど、やってみた。ことを自分自身で評価している。

 それではブリージーナイト、インディアンサマー どうぞ!




ブリージーナイトは4つのコードで進行するんだけど、それをあえて2つにしてDm7とCM7だけでやってみた。インディアンサマーは境長生ばりのベース音をチョッパーのように強くはじくやり方でやってみた。

 五十嵐のカバーはyoutubeに一杯あるけど、僕はアマチュアのカバーを聞くのが大好きで、よく聞いている。それぞれの人の聞こえ方やアイディアがあって、とても良い。声もナチュラルな感じの声がすきで、上手い下手にかかわらず、ナチュラルなものを好きになる。だけど、自分ではなかなかうまくいかない。

 アマチュアミュージシャンの良さはやはり「好き」だということだ。音楽を楽しんでやっている。音楽好きな人の音楽はいいし、周りがそのような人を支持する。

 だけどみんな上手くなりたい。
 ぼくもいつかは五十嵐の前座でやれるぐらいに上手くなりたい。
posted by むし at 15:42| 北海道 ☔| Comment(2) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生 in 札幌円山ノックターン 8

image-56197.jpeg
五十嵐8曲目からはノリのいい
街は恋人
ジョニー曽山のギターが冴えまくる。
9曲目ペガサスの朝
前奏が、あの懐かしい、ジャンジャジャーン、ジャジャジャジャジャンのやつ。
それから、最後の曲、これが不明(笑)
それから舞台に長生登場。
五十嵐のデビュー36年目を祝って長生のシャンパンでカンパーイ。
歌詞カードが配られ、みんなで、いくたびも恋を歌う。その後、五十嵐のデビュー曲愛は風まかせをみをなで歌う。ボルテージのピーク。
みんな知っている。
ジョニー曽山、手島退場。
それから五十嵐と長生の漫才。
完璧に五十嵐ボケ、長生ツッコミ(笑)
五十嵐、カバー 嬉しかった 松原みきステイウィズミー真夜中のドア。
この曲大好き。
もう死んじゃったけど、五十嵐と新人合宿で一緒だったんまよねー
ヤマタツのライドオンタイム
めっちゃいい。
ラストは長生のboy。
これが最高でした。長生のギター、味のある歌詞。
ふー疲れた。
イガとものみなさんと逢えて最高でした。
サンキュー、ヨンキュー、習字5級。
posted by むし at 22:12| 北海道 ☔| Comment(4) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生 in 札幌円山ノックターン 7

6曲目 千年物語 松本隆作詞
それから手島さんのパーカション、ジョニー曽山を加えて、コミックソング、アスパラソング

最近の五十嵐のコミックソングは、駄洒落ソングだな(笑)

長生の出身地、倶知安はまさに今がアスパラの季節。ぼくは今日の午前中まで1週間、倶知安にいたんだ。今、倶知安、ニセコで仕事をしてる。

だから知っている。スプリットスライダー
の歌詞、夏休みトンボをとったという歌詞。
トンボは秋じゃねーかって?
違うの。
倶知安のトンボはデカイの。夏休みに飛ぶの
田圃、ため池、用水路のオニヤンマ、ルリボシヤンマ。

五十嵐7曲目 ディープパープル。今日のディプパは力づよくて良かった。
8曲目 ナチュラルロード。
あの松田聖子が大好きだったというこの曲。
今日の五十嵐の声は絶好調だぜー!
posted by むし at 21:09| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生 in 札幌円山ノックターン 6

めぐり逢いのあとは
な、なーんと流星群。
親指の爪でストローク、優しい感じのストロークだ。

3曲目はフォギーナイト、、
4曲目タイトルでてこねー

5曲目、いまはひとりで。
五十嵐のハイトーンは本当に安定してる、
懐かしい曲が5曲もつづく。
アルペジオ、わーすれーちゃいないさきみのことー
めっちゃいい。

目指すシンガーは、失神シンガー。
聴衆を失神させるほどのシンガー。
51曲歌って出た湿疹(笑)
posted by むし at 20:44| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生ライブ in 札幌円山ノックターン5

image-7852d.jpeg
池田のkさんと合流、会場へ。
開場30分前、20人ぐらいの列になっていた。
前には、メイさん、まだみんさんがすでに。

東京の後はつばさ、スプリットスライダー。
五十嵐とのアマ時代の思い出。
アップルツリーというライブハウスで、赤間さんとのブリージーと長生、蠣崎のジグザグが出会う。

あとはタイトルわすれたけど、嫌いな奴を歌った曲。チョッパーのようにベース弦を弾くのが格好いい。

最後は遠くへ。
スクラッチマークでは、 いい曲を書くにはいい人間になることといってた。その曲。

それから、10分休憩後、いっぱつ目
めぐり逢い きたー!

posted by むし at 20:24| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生ライブ in 札幌円山ノックターン4

image-5588d.jpeg
円山ノックターンに向かう途中、円山動物園までたどりついた時、イガとものみなさんへのお土産を忘れたことに気づく。
それからタクシーひろってとんぼがえり(笑)

二人でブリージーナイト
長生リードギター
五十嵐サイドギター
長生の合いの手のリードが、すげぇいい

その後、五十嵐は舞台をおり、長生一人でスタート。

長生、五十嵐のストールをエリマキトカゲ扱い、会場爆笑。

長生、3曲目に僕の大好きな東京うたう。

posted by むし at 19:27| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生ライブ in 札幌円山ノックターン3


image-598bf.jpeg
すったもんだがいっぱいありましたが、
もう開演時間を2分オーバー。

只今、五十嵐、境、両者登場しました。

五十嵐座り、長生立ち。

スタートは、ブリージーナイト!
posted by むし at 19:06| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016.5.21 五十嵐浩晃、境長生 in 札幌円山ノックターン 1

ブログでライブライブ実況してみたら、どうかな。
只今、ムシは札幌円山公園からほど近い実家につきました。
今日は五十嵐、デビューの日ということで、Facebookなどでお馴染みのファンのみなさまもくるようのです。
写真をアップとはなかなかいきませんが、ことばでなんとかやってみますね。
スマホからのブログアップは初めてですががんばります。

誰も見てないかもしれませんが、問題です。
今日のオープニング曲はなんでしょう?

posted by むし at 15:09| 北海道 ☔| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

2011.9.22 五十嵐浩晃ライブ in Holly's OBIHIRO その3

オレイガ.jpg

というわけで、ホーリーズのマスター、プロモーターM氏のおかげで打ち上げに参加させていただいたわけである。打ち上げについては、メモも取っていないので、たくさんは書けないけど、ライブ全体の感想とともに思いつくまま書いてみたいと思う。

ライブ終了後、僕は五十嵐のCDを買って、ALL out ツアーのパンフレットにサインをもらったわけだ。三重からきたKさんが、その僕のパンフレットを見て、「イガブロにあったやつだ」ときづいてくれた。

サインイガ.jpg

そしてずぅずぅしくも、一緒に写真を撮ってもらったわけである。そががトップの写真。五十嵐は僕と体型が似ていて、肩がイカリ型なのだ。僕より痩せていて、顔が小さい。このALL out ツアーのパンフには身長181cmと書いてあるが、youtubeの動画で180cmと言っているものがある。まぁ、だいたいその辺の背丈だということだ。

僕とのツーショット写真を撮ってくれたのが、池田のKさんの旦那さんだ。旦那さん、イガリン、ありがとう!さらに僕はずぅずぅしくも、熊本からのお客さん、三重からのKさん、大阪からのお客さんとの写真をイガリンにお願いし、イガリンは気持ちよく写真を撮らせてくれた。もちろん、僕のカメラではなく、それぞれみなさんのカメラだ。

実は昨年のライブ「梵」の時は、まさか写真なんて撮れると思っていなかったから、デジカメを持っていってなかったのだ。だから、携帯電話のカメラを使ったんだけど、今回はちゃんとしたカメラを持っていって、良かった。

その後打ち上げとなったんだけど、主役ははるばる遠くからやって来たみなさん、そして「ナントカのペガサス」とライブでイジられていたTさんだ。やはり南の果ての熊本からやってきたお客さんは五十嵐の隣だろう。ということで、五十嵐や他のみなさんにせかされて、五十嵐の隣に座った。そしてTさんは何気なく五十嵐の隣。やはりTさん的な存在は五十嵐にとってありがたかったんだと思う。

そのときの席の配置はこのようになっていたと記憶している。
配置.jpg

池田のKさん、大阪からのお客さんは、テーブルをはさんで、はす向かいに位置していた。これは「まちぶせ」現象だ。石川ひとみ、ユーミンのまちぶせ・・・「テーブルを挟んであなたを熱く見た」ということだ。「まちぶせ」の歌詞は、けなげ・・・というより、ちょっと怖い積極性があるんだけど、大人の女性が遠慮がちにはす向かいに座る現象は、僕は「けなげ」・・・美徳に思えるのだ。三重のKさんはいろいろ僕に話しかけてくれて、とてもたのしかった。

「ナントカのペガサス」で、このライブを大いに盛り上げてくれたTさん(男性 六十○歳)だが、五十嵐は「愛人が二人ぐらいいそうですね!」って言ったら、「三人だよ!」と答えたというエピソードをライブの時に五十嵐が語ってた。

その「愛人が二人いそう」っていうたとえが、Tさんの熟年の自信が満ちあふれた外見から、妙にハマっていて、五十嵐もうまいことを言うなぁ〜と感心した。そして打ち上げの時、Tさんはそのことに触れ、「実は愛人なんて一人もいないんだよ」と言ったら、間髪入れずに五十嵐が「わかってますよぉ〜」と言ったのには、大爆笑させてもらった。

ホーリーさんの美味しい料理がテーブルに並び、みんなで楽しく食べたわけだが、五十嵐は熊本からきたお客さんをはじめ、回りの人に鍋を取り分けていて、五十嵐の気配りができてやさしいお人柄が感じられた。五十嵐ファンであり、ホーリーズの常連さんも鶏チャーシューを作ってくれてきて、これまたなまら旨かった。

いろいろ聞きたいことがあったけど、やはりみんな五十嵐と話したいわけで、遠慮したつもりだったのだけど、やっぱりけっこうなれなれしく五十嵐と話してしまった・・・(反省)

まず、三角山放送の「奇跡が起きる曲」を聞きたいと思っていてたんだけど、まずこれは前段階から説明せねばなるまい。地域FMの三角山放送で五十嵐がゲストで出演したとき、リスナーから質問があった。「アタックヤング(1981-1983)の頃、五十嵐が奇跡が起きる曲として、流した曲を聞いていたら、今までできなかったルービックキューブの6面が出来るという奇跡が起きた!」というものだ。三角山放送の聞き手のパーソナリティが、「その曲ってなんですか?」と聞いても、五十嵐は「教えない・・・奇跡ってそういうものですよね」と語ったのだ。その後、その曲名を答えることはなかった。

僕は五十嵐の曲だと思いこんでいたのだが、この放送の録音を再度聞いてみると、五十嵐の曲であるという断定もできないようなやりとりなのだ。そこで、上士幌のイベントで、池田のKさんが「奇跡の曲とは何か」を五十嵐に聞いてくれたのだが、五十嵐は、「その時、シルバーというバンドのミュージシャンという曲がながれてた」と含みを持たせた答えをしたそうだ。

それで、僕はちょっとワケがわからなくなった。「シルバーのミュージシャン」=「奇跡が起きる曲」なのだろうか?いろいろ考えた結果、僕の結果はこうだ。
五十嵐はもう30年も前のラジオの曲のことは忘れてしまっているから、いろいろ含みを持たせて、明言を避けているのではないかと。

やっと、話が打ち上げの時に戻るけど、「忘れたからそんな言い回しだったんでしょ?」と僕が聞くと、五十嵐は「そうだ」と答えた・・・・・・しかし、どうもスッキリしない感じ。五十嵐は忘れてしまったのか、もしくは、覚えているけど、その答えは言わないのか?真実は闇に葬られた。

それにしても、五十嵐が大好きだというこのシルバーのミュージシャン。
「A Day in the life 〜懐かしき1曲」というブログに、解説付きで、しかもyoutubeの音付きでこの曲を楽しめる。
1976年、たった1枚のアルバムを残して解散してしまったシルバー。そのアルバムの1曲目がこのミュージシャンらしい。このブログにはミュージシャンの訳もつけてくれている。ミュージシャンとして生きる哀愁がタップりで、この訳を見ながら曲を聴くのもいいと思う。

それから、まだみんさんのブログにあった、「ペガサスの朝」のシングルのジャケット写真の裏話。これは札幌の野幌森林公園で撮ったものだそうだ。片腕のカメラマンが、ラフに撮った写真だそうだが、まだみんさんはこの写真がとても好きなのだそうだ。僕もとてもイイ写真だと思う。

イガブロの「冬子の朝」のエントリーでは、きっとこの時の別ショットの写真を使った。五十嵐がカメラの方を向いている写真だ。だが、五十嵐の目線が本の方がイイ写真になっている。五十嵐のアルバムのジャケットや、歌詞カードの写真も、このカメラマンの写真を使ったら良かったのに。

五十嵐の初期のアルバムのジャケットは、すべて合成写真となっている。まだみんさんのブログでは、「セーリングドリーム」の合成がタモリに指摘されている話が出ていたが、わざわざ沖縄にまで行ったんなら、こんな合成写真にしないで、表紙ジャケットも1枚もののベストショットにすればよかったのに。

そして、五十嵐のナチュラルロードの歌詞カードの写真について、僕が質問したのだ。「ちょっと靴汚くありませんか?」と。その写真がこれだ。
ナチュラル歌詞カード.jpg

これは、2ndアルバム「ナチュラルロード」の歌詞カードの写真なんだけど、これと同じ時に撮ったと思われる写真は、4thシングル「ディープパープル」にも使われている。この靴が汚いのだ。
ナチュラル靴.jpg
別にこの程度の汚れなら、普段だれもが履いているレベルではあるけど、大スター五十嵐浩晃のしかもジャケット写真とあっては、ちょっとどうだろう。

このことを五十嵐に質問したら、これは普通の休憩時間の時になんとなく撮ったものらしい。でもシングル「ディープパープル」のジャケットはまだいいよ。アルバム歌詞カードの五十嵐の顔は二日酔いにしか思えないw
ナチュラル顔.jpg

それから、五十嵐がタバコを吸うため、席を立ってカウンターに座ると、僕もタバコをご一緒させてもらった。前回の池田のKさんのレポート通り、五十嵐はセブンスターのボックスを吸っていた。タバコを吸いながら、僕はラジさん、いいですねぇ〜ってことを言った。

ラジ(Rajie)さんとは、五十嵐の曲でコーラスを入れている女性シンガーで、「グラデーション」ではデュエットをしている。実は僕は、五十嵐はもっとラジさんと大人のデュエットをして欲しいとおもっているのだ。彼女についてはまた改めて書こうとおもうけど、とても素敵な歌声なのだ。

ラジさんの話しをしていると、五十嵐は「やまがたすみこ」さんもいいぞ!という話をしてくれて、youtubeなどで、彼女の曲を聴きあさっているのだが、ラジさん同様、澄んだとてもいい声をしている。

もっといろんな話もあったかと思うが、また思いついた書こうと思おう。

そして時間となり、五十嵐は帰り際、ギターを持って店を後にするとき、「五十嵐さんのギター、秋田2号に似てますね!」って話をふると、「そうなんだよ!」って答えてくれた。そしてプロモーターM氏のスバルワゴンに乗り込み、五十嵐はみんなに見送られ、宿に帰っていった。

帰り際、三重から来たKさんが、五十嵐の荷物に手紙を忍ばせたらしい。そして、僕が帰るとき、僕にも手紙をくれた。なんか、手紙を女性から手渡しされるなんて、思いもよらないサプライズに、照れまくってしまった。家に帰ってからゆっくり読ませてもらい、あぁ、こんなブログでも少しはみんなのためになってるんだなぁと実感でき、とても嬉しかった。

そういえば、池田のKさんからメールが来て、「恋のピリオド」(ディープパープル原曲)の歌詞の全体が分かってきた。

♪それはーだーれのせいでもなくてー♪
→いつもーふーられてばかりだけどー♪

♪あなーたが 男で♪
→ここーろを ひらくよ♪

♪それはーだーれのせいでもなくてー♪
→いつもーふーられてばかりだけどー♪

♪わたーしが 女で♪
→ここーろを ひらくよ♪

♪とーくべつ ここでなくて いいけれど♪
→占いをー 信じてーは いなかったけど

♪黄昏に 船をたたんだ♪
→トランプの 悪いカードが出ると♪

♪海の そばがいいの♪
→涙が こぼれそうさ♪

♪知らず知らず さめていった日々に♪
→白い君の肌 僕の腕に♪

♪まだ気づけずに♪
→からみついて♪

今回のライブは単独だってこともあったし、五十嵐のトークも歌も十分に満喫できた。五十嵐の歌声はやはりすばらしく、胸に響く。そして、五十嵐のギターもすばらしかった。五十嵐は指びき(ピックなどを使わない弾き方)で、五十嵐特有の弾き方を堪能できた。五十嵐特有というのは、ボサノバチックに、ベース音のあと子音の3本の細い弦を指の腹ではじき、そしてその3本の弦をたたいて音をミュートし、その後爪の面の部分で、ポロローンと鳴らすのだ。

ギタリスト五十嵐としてのもすばらしいライブだった。
イガサイン.jpg

五十嵐のアルバム「ノーザンシーン」から「そよ風の頃」までの5枚のアルバムのCD化を実現させましょう!「ディープパープル」を含む名曲の数々・・・、レコードでしか聞けない曲も多数。レッツ予約!あと48%で実現!



posted by むし at 22:00| 北海道 ☁| Comment(6) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。